« さむいね | トップページ | うつわのこころ (帰省の記録①) »

2010年10月27日 (水)

秋のきんもくせいに思うこと

10月も残すところあと数日となった。でも、秋はまだこれから! 木々が葉っぱを色づかせ、冬になる直前の冷たい秋の空気に変わっていく。

***

きんもくせいの香りは 鳥の声のよう

ただよう香り 

オレンジ色の小さな星粒は見えないけれど

鳥も同じで どこからか

聞こえてくるさえずり

小さなくちばしを開いてはさえずる 

その姿は見えないけれど

***

私の気まぐれ日記帳(書きたいときに書く。連続で書いている時期もあれば、半年とんでいることも!)を読み返していたら、上のような文章が見つかった。

「2006年10月10日体育の日 中日ドラゴンズ、優勝!」という言葉のあと唐突に「きんもくせいの香りは…」と綴られている。

きんもくせいは、ある日突然香り出す。今年は10月4日の朝のこと。職場へ向かう途中どこからかふと漂ってくる香りに気づき、しっかり日付を確認した。夕方には「今日、金木犀のにおいがした!」と友人からのメール。間違いない。「そうだよね! 私も今朝思ったよ!」 

でも、その香りは長くはつづかない。オレンジ色の星粒は、あっという間に枝から離れてアスファルトの上に無造作に散らばっていく。雨に濡れた黒いアスファルトと鮮やかなオレンジ色のコントラストがあまりに強いせいで、その粒つぶが蛍光色のような強い光となって見える。はかなくも散り落ちたその小さな一粒一粒を見ていると、まるでこちらになにかを訴えているかのような気さえしてくる。

木々たちは、花を咲かせる時期を知っている。秋のきんもくせいも春の沈丁花も、5月の花水木も8月のサルスベリも。なぜなのだろう――。秋のきんもくせいが、「ああ、この温度ね」と、春に花を咲かせてしまわないことが不思議だ。春の沈丁花が、誤って秋に香り出した例も聞かない。花を咲かせない1年あまりの時間、幹の中に身をひそめながら花たちは一体なにを思っているのだろう。さあ、今度はどんなふうに咲こうかしら・・・。自分の姿を思い描きながらそのための準備を整え、時期が来るのを静かに待つ。そしてその日が訪れると、自分を大きく開花させる。あたためてきた思いが美しい花となって咲き乱れる。

だが私たち人間は、自ら花咲く時期を知らない。ちょうど1年のサイクル、たとえば毎年やって来る誕生日やお正月などに決まって物事が成就するわけではない。努力をつづけていたある日ふとつぼみがあらわれ、それが少しずつふくらみ、ようやく開花するのであって、いつ咲くのか知ることはできない。

「10年計画で行ってくるね~!」と、私は夢を叶えるためこの都会にやってきた。気づけばもう、あれから3年半が経過している。正直なことをいうと、10という数字はなんとなくキリがよくてふっと口をついて出てしまったという感じなのだが、そろそろその漠然としすぎた目標を、もう少し具体的なものに変えていかなければと思う。木々が1年ごとに花を咲かせるように、自分のサイクルを知りそのたびにリセットし、新しい作戦を練りながらときを過ごしていかなければ、いつまでたってもつぼみはつかないだろう。

3年半前の春にまいた種。最近になってようやく、土の上に少しだけ顔を出しはじめたように(自分では)思っている。周りの方々に支えられながら、励まされながら、そしてそのつながりの中で私にとってはものすごく大きなチャンスもいただくことができた。

開花した自分の姿を遠くに思い描きながら、でもしっかりと足元を見ながら少しずつ歩んでいく。自分が咲かせるその花とは深くて強い根をもったたんぽぽのようであるのか、それとも夏の太陽に向かって限りなくのびようとするひまわりのようであるのか――。自分らしい花を咲かせるために。今日もまた、芽を出し育ちはじめた小さなふたばに水をやろう。

|
|

« さむいね | トップページ | うつわのこころ (帰省の記録①) »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1423813/37376782

この記事へのトラックバック一覧です: 秋のきんもくせいに思うこと:

« さむいね | トップページ | うつわのこころ (帰省の記録①) »