« ゆっくりゆっくり。 | トップページ | にぎやかであり、さみしくもあり。 »

2010年12月15日 (水)

星降る夜に~願い事の上手な唱え方

昨日はふたご座流星群のピークの日。夜10時ころテレビのニュースを見ていたら、大勢の人たちが広場に寝転んで観測している様子が映った。

私も見てみようっと! 見えるかな~。わくわく。窓から首を出して空を見上げてみる。しかし、残念ながら雲が広がっており、空の部分はわずかなその隙間だけ。今日は無理なのだろうか。

寝る支度をする前に、もう一度チャレンジ。時刻は11時半をまわっている。おや? 澄み渡る黒い空に星がちかちか光っているのが見えた。晴れてる!

玄関を出た私は思い切り背中をそらせて空を見上げた。さっきテレビで、オリオン座の辺りを見よと言っていたっけ。ぐるりと見渡すと・・・あ、あった、オリオン座! 屋根が少し邪魔をして上3分の2ほどしか見えなかったけれど、この辺りを眺めていれば流れ星は見えるはず。

と、そのとき。

本当に一瞬すぎて確信が持てないが、でも確かに見えたはず、というような不思議な感覚だったけれど、やはり私はそれを見たのだ。今のは間違いなく流れ星!

早くもひとつめを見れてウキウキ。でも、願い事を唱えるひまなんてまるきりなかった。
ようし、次は。そう思って再び天を仰ぐ。すると・・・。

「あー、流れたー!」

2つめは、さっきより明るく輝きながら、左から右にすぅーっと尾をひいていくのがはっきり見えた。流れ星、素敵だ~。
あっ、でも。・・・しまった! 「あー、流れたー」とつぶやいているうちに消えてしまった。願い事のことなどすっかり忘れていた。次こそはと再び見上げる。しばらくして・・・。

「あっ、きたきた!」

3つめ。・・・またもや願い事失敗。どうしても、このような言葉をつぶやいてしまう。
今日は流れ星が見れることがわかっているという恵まれた状況なのにちっともうまくいかない。
作戦変更だ。こうなったら、願い事を繰り返し唱えつづけていることにしよう(ちょっとずるいけれど)!

そして4つめ。言えた! ただ、文章の途中で星が消えてしまった気がする。再チャレンジしなくては。もっと早口で、そして「~になりますように」は長いので、「~になる!」と言おう。

そしてそして、ついに5つめ。今度は完璧。うまくいった! 満足した私は部屋に戻った。

ほんの15分くらいの間に、5つもの流れ星に出会うことができた。本当に夢を見ているような感覚。
ろうそくの火がともるように何もないところからふっとあらわれたかと思うと、たちまち漆黒の闇に吸い込まれて消えてしまう。その姿は神秘的でとても美しい。

***

 いちばんぼし  まどみちお

いちばんぼしが でた
うちゅうの
目のようだ

ああ
うちゅうが
ぼくを みている

『まどみちお詩集 ハルキ文庫 より』

***

私と5つめの流れ星だけが知っている私の願い事、どうか叶いますように。

 

|
|

« ゆっくりゆっくり。 | トップページ | にぎやかであり、さみしくもあり。 »

日々のこと」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1423813/38095294

この記事へのトラックバック一覧です: 星降る夜に~願い事の上手な唱え方:

« ゆっくりゆっくり。 | トップページ | にぎやかであり、さみしくもあり。 »