« 凍える断捨離から得たもの~誕生日を迎えて | トップページ | 愛しきお豆 »

2011年1月27日 (木)

見えない星を見上げながら、見えない春を見つめながら。

冬の青空が好き。どこまでもどこまでも澄んだ青。その青の行きつくところを見つけようとどんなにがんばっても見つけられない。どこまで行っても、その青にたどりつけない。その青をつかみきれない。だからだろうか、冬の青空を見ているとなんだか切ない気持ちにさせられるのは――。

職場の最寄り駅の改札を出て陸橋を渡る。上に広がる青空を眺める。
きょうも雲ひとつない冬の青空。

陸橋を降りすこし遠くなってしまった空を、今度は思い切り見上げながら歩いていく。その青空を背景に、上を走っていくモノレールが見える。ちょうどカーブするところで朝日が反射し、キラキラっと輝く。高層ビルも一緒になってキラキラっと輝く。山と川を眺めながらチャリンコ通勤していた田舎の朝も好きだけど、満員電車から降りてゆっくりと歩く、こんな都会の朝も好き。

冬は夜空も美しい。真っ黒に澄んだ空に輝く星。冷たい空気にさらされて、より一層輝いて見えるような気がする。

*** 

 星とたんぽぽ   金子みすゞ

青いお空のそこふかく、
海の小石のそのように、
夜がくるまでしずんでる、
昼のお星はめにみえぬ。
   見えぬけれどもあるんだよ、
   見えぬものでもあるんだよ。

ちってすがれたたんぽぽの、
かわらのすきに、だァまって、
春のくるまでかくれてる、
つよいその根はめにみえぬ。
   見えぬけれどもあるんだよ、
   見えぬものでもあるんだよ。

『わたしと小鳥とすずと』 金子みすゞ JULA出版局

***

夜が来るまで見えない星たちを思いながら、青空を見上げてみる。どうしても手が届かないと思っていた深い深い青空に、ほんのすこしだけ、近づくことができたような気がした。

春が来るまで会えない花たちを思いながら、はだかの木々を見つめてみる。幹のなかに眠っている春に、ほんのすこしだけ、近づくことができたような気がした。

あたたかい春を待ちこがれながら、きょうもあしたもあさっても――冬が過ぎ去るその日まで、切ない思いで空を見上げるのです。

|
|

« 凍える断捨離から得たもの~誕生日を迎えて | トップページ | 愛しきお豆 »

日々のこと」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1423813/38635000

この記事へのトラックバック一覧です: 見えない星を見上げながら、見えない春を見つめながら。:

« 凍える断捨離から得たもの~誕生日を迎えて | トップページ | 愛しきお豆 »