« しあわせプリン | トップページ | 地震(2) »

2011年3月13日 (日)

地震(1)

大地震、本当に恐ろしい。

テレビの映像に衝撃を受け、本当に心が痛む。どうかどうか、助かって、無事でいてください、と思う。避難所で、毛布も食料も不足するなか、家族の安否も確認できないまま、寒い夜を過ごす不安の大きさはどれほどのものだろう。どうか、立ち直るまで負けないで乗り切ってほしい。一日も早く、復興することを願うとともに、自分ができることを実行していこうと思う。

私は、都内で震度5の揺れというものを生まれてはじめて経験した。このことを書こうかどうしようか迷っていて、でも忘れてはならないし、忘れないうちに書いておきたいと思った。

そのとき私は都内にある職場にいた。震度5、どんどん揺れが大きくなる。思わず、近くにいた人のもとへかけよって肩につかまり身を寄せ合った。ガラスの割れる音、ものが落ちる音。いやだ、いやだ、どうかおさまって。
地盤がゆるい地域であるうえ、建物もとても古く危険なのでみんなで外に出た。何度も繰り返す余震。電線も避雷針も大きく揺れていた。

家族は、子どもは大丈夫かしら――。みんな電話で安否を確認しはじめた。

実は、ちょうどこの日、こんなときに、私の母が東京に遊びに来ていた。夜7:00に私の住むアパートの最寄り駅で待ち合わせ。母はその日の朝東京に来て、都内を巡ると話していた。
母は無事なのか。いま、どこにいるの――。必死で母の携帯にかける・・・何度かけてもダメだった。携帯電話は発信規制されているらしい。メールは送信できた。でもいくら待っても返事が来ない。

そうだ、実家に電話しよう――つながった。父が出た。ああ、とほっとした声。姉も休みで家にいた。
「お母さん、どこにいるかわかる?」 姉に聞くと、母から一度だけメールが来た、でもそれ以降はつながらない、とのこと。お台場のビルの中にいたとき地震に合ったが、外に避難して無事だという。

とにかく、ほっとした。でも電車も止まり、陸の孤島といわれるお台場にいる母と、どこで、どうやって会ったらいいのか。お台場では火災も発生している。母にとってはまったく知らない土地、知らない人に囲まれて、どれほど心細いことだろう。

再びメールを送ってみるがやはり返信がない。無事だとわかっているものの、心配でしかたがない。実家に電話をし、姉に母と私の仲介役をしてもらう。会社からお台場は歩いていこうと思えばいける距離だから、行こう、と思った。でも、会社の人からも姉からも止められた。きっとお台場への道も通れないだろうし、無理に行こうとしないほうがいい。今日はそれぞれで過ごしたほうがいい、と。
「じゃあお母さんに、今日はホテルかどこかに泊まるように言っておくね」 姉が言った。

私は、職場のある都内から、自宅のある千葉県へ歩いて帰ることに決めた。

|
|

« しあわせプリン | トップページ | 地震(2) »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1423813/39214954

この記事へのトラックバック一覧です: 地震(1):

« しあわせプリン | トップページ | 地震(2) »