« ある看護師さんの記録 | トップページ | 満開になるまえに »

2011年3月30日 (水)

会えてよかった

「会えてよかった」

職場での昼休み。ロッカールームに入った私をひとめ見るなり、にっこりほほ笑みながら彼女が言った。彼女というのは、私が勤める健康診断の施設で身長体重の計測を担当してくださっている、以前、記事にしたこともある私の大好きな人だ。

健康診断はたいてい、年度で区切る方法で行われる。私の勤める施設では、きのうが22年度最後の健診日だった。年度変わりの関係で、きょうから4月初旬までの数日間、健診はお休み。計測担当の彼女もお休みする。一方健診予約係の私は、企業さまからの1年分の予約受付が集中する1年で最も忙しい時期に突入するから、お休みはしない。

だから彼女とは少しのあいだお別れになる。毎朝あいさつするときに、にっこりと素敵な笑顔を見せてくれる彼女に会えなくなるのはちょっぴり(かなりかな)さみしい。

でもきのう、本当にタイミングよく帰り際の彼女に会えて、最後に言葉を交わすことができた。いつもは廊下で2回くらいすれ違うだけなのに、きのうは奇跡的に会えたのだ。

「ほんとう、会えてよかった」

私も同じ言葉を返した。

以前も書いたけど、彼女とは笑顔の交わし合いで結びついている感じだ。年齢とか結婚しているのかどうかとか、お互いに知らない。知らなくてもいい。携帯電話の番号とかメールアドレスも知らない。知らなくてもいい。彼女とのやり取りは、毎朝の笑顔と、ときどきお互いのロッカーにこっそり貼りつけるお手紙なのだ。

最初にお手紙をくれたのは、彼女だった。私の出身が岐阜県であることを知り、「岐阜の娘なのね。よく来たねえ。いつも笑顔をありがとうね」と書いてくれた。それ以来、頻繁ではないけれどお互いにそうやって心を送りあうようになった。彼女がくれる言葉は、彼女のその笑顔のように、いつもとても優しく、私の心を温めてくれるものばかりだった。

「お休みだから、支援物資の仕分けに行ってくるよ。」そう言ってから、彼女はまたとびきりの笑顔を見せてくれた。私もとびきりの笑顔を返してみせた。

「会えてよかった」

いい言葉だなぁと思う。きのうからずっと心のなかで響き続けている。彼女が出勤しない数日間も、彼女は心のなかにいてくれる。あらためて、彼女の心からの笑顔と言葉がどれだけ私を救ってくれているのかがわかった。ありがとう、私もあなたみたいに、人をそういう気持ちにさせられる人になりたいです。

|
|

« ある看護師さんの記録 | トップページ | 満開になるまえに »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1423813/39425866

この記事へのトラックバック一覧です: 会えてよかった:

« ある看護師さんの記録 | トップページ | 満開になるまえに »