« だいじなおなかまわりの話 | トップページ | 地震(1) »

2011年3月 9日 (水)

しあわせプリン

プリンが好き。今日はちょっと頑張った! というときのごほうびに必ず買ってしまうもの、プリン。どうしてもくたびれてしまったとき、心をふるいたたせるために帰り道に買うのも、プリン。もともとは、お団子、草餅、桜餅、どら焼きに芋ようかん(・・・あげればきりがない)などの和菓子が大好物なのだが、そういう特別な時には、その和菓子たちを追い越して、プリンがトップに躍り出る。

くたびれていた心が、そのとろとろのプリンにやわらかくからまり、ひとくち食べるごとにほぐれていく。一日頑張ったその体と心を、「よく頑張ったね」とプリンがほめてくれているような気がして、うれしくなる。

***

 しあわせプリン

スプーンでうえのほうだけ
ちょこっとすくって
ちょこっとずつくずしていく
ふと油断したすきに
カラメルの洪水がながれ出る

まぜちゃえ

ぐちゅぐちゅかきまぜプリンも
やっぱり しあわせプリンね

(自作の詩・・・といっても、詩なんて言えるものではなく、単なるつぶやきにすぎないのですが)

***

日々の暮らしのなかで感じることができるいくつもの小さな喜び。でもそれと同時に、小さな苛立ちや焦り、不安などの感情も、どうしても出てきてしまう。

そういう喜びも、それとは逆の不安な気持ちも、どちらも私は大切にしていきたいなと思っている。

しあわせいっぱいのプリンから、ちょっぴり苦いカラメルのような不安の洪水があふれ出たとしても、ぜんぶかきまぜちゃえば、やっぱりしあわせプリン! なのだ。

というふうに、よくない感情をそんなにうまく処理できるものではないのだけど、でもプリンにはそういう力がある! と思う。今日もそんなふうに、うえのほうから少しずつ、プリンをすくってしあわせな気分にひたったのでした。今日も一日ありがとう。サンキュ! 3、9。3月9日。

|
|

« だいじなおなかまわりの話 | トップページ | 地震(1) »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1423813/39171970

この記事へのトラックバック一覧です: しあわせプリン:

« だいじなおなかまわりの話 | トップページ | 地震(1) »