« 一日ぶりの弁当箱 | トップページ | わたげをとばす その2 »

2011年4月26日 (火)

わたげをとばす

たんぽぽが、わたげをつくりはじめた。

***

 ねがいごと   たんぽぽはるか

あいたくて

あいたくて

あいたくて

あいたくて

  ・・・

きょうも

わたげを

とばします

『のはらうたⅢ』 くどうなおこ 童話屋 より

***

あいたくて、あいたくて、遠くにいるだれかにあいたくて、わたげのようなその気持ちを春の風にのせてみる。

大変な状況にある今、このような思いを抱いているひとたちが、たくさんいるのではないだろうか、と思う。

遠くにいるだれか、自分の知らないだれかに対して、何かをしたいという気持ち。

元気で頑張っているよ、元気で頑張ろうねと、力強く伝えようとする気持ち。

まわりのひとやものに対する訴えかけるような強い願い。

強く切実な願いや、やさしくて心をあたためるような願い。人びとの思いはさまざまだけれど、どれもこれも、心の奥底に根をはる深い思いなのだと思う。

わたげは、やわらかなように見えてとても強いものなのだ。不安定な春の空気が、ときに突風を巻き起こそうとも、それに耐え、自分が想いを馳せるところへしっかりと着地する。その地中にしっかりと根を伸ばし、濃い緑の葉を広げ、いつか必ず、明るいほほ笑みのような花を咲かせるときが来る。

いま、たくさんのひとがわたげをつくりだして、飛ばしている。世界は、わたげでいっぱいなのだ。

ひとつでも多くのわたげが望んだその地にたどりつき、新しいいのちが芽生えることを願います。想いが届き、あたりを明るく照らしてしっかりと見守ってくれるような、やさしく強い花が咲きますように。

|
|

« 一日ぶりの弁当箱 | トップページ | わたげをとばす その2 »

考えたこと、いろいろ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1423813/39754178

この記事へのトラックバック一覧です: わたげをとばす:

« 一日ぶりの弁当箱 | トップページ | わたげをとばす その2 »