« ホタルブクロ | トップページ | むずかしいね。 »

2011年5月31日 (火)

気持ちの居場所

心が不安定な状態というのは、自分の気持ちがきちんとおさまる場所がないってことなのかなぁと思う。

宙に浮いたまま、どこへも行けずにずっとさまよい続けているような――帰る場所が、わからない。見つからないのだ。

でも、いまはわからなくても、いつか、そのうちに、必ずわかる。いそがなくたっていいのだ。いまは、そういう気持ちも大事にして、ゆっくりあるいていけばいい。

***

 南の絵本   岸田衿子

いそがなくたっていいんだよ
オリイブ畑の 一ぽん一ぽんの
オリイブの木が そう云っている
汽車に乗りおくれたら
ジプシイの横穴に 眠ってもいい
兎にも 馬にもなれなかったので
ろばは村に残って 荷物をはこんでいる

ゆっくり歩いて行けば
明日には間に合わなくても
来世の村に辿りつくだろう
葉書を出し忘れたら 歩いて届けてもいい
走っても 走っても オリイブ畑は
つきないのだから
いそがなくてもいいんだよ
種をまく人のあるく速度で
あるいていけばいい

『いそがなくてもいいんだよ』 岸田衿子 童話屋 より

***

さまよっているあいだは、そういう不安定な心が、涙や苛立ちや焦りなんかに姿を変えることもあるかもしれない。でも、きっとそれも必要な道のり。そうしていつか、「よく来たね。きみ、ここにいていいよ」と言ってくれるような、気持ちがすっぽりおさまるところ、安心できるところが見つかるはず。

「いそがなくたっていいんだよ」 オリイブ畑の木が、見守っていてくれるのだ。そして、「オリイブ畑は、つきない」のだ。

重たい荷物は背負わずに。ただ自分のはだかの気持ちだけで、ゆっくり、ゆっくり、あるいてみよう。

きょうの大発見。階段をのぼるとき、スキップ、とまではいかないけれど、つま先で弾むようにのぼると、気持ちがとっても弾みます♪ 楽しくってしかたなくなります。・・・ただそれだけです。職場で、駅の階段で、アパートの階段でためしてみましたが、あまりの効果にびっくりです。

|
|

« ホタルブクロ | トップページ | むずかしいね。 »

」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1423813/40211400

この記事へのトラックバック一覧です: 気持ちの居場所:

« ホタルブクロ | トップページ | むずかしいね。 »