« 雨粒みたいなレモンクッキー | トップページ | 2011、後半戦へ »

2011年6月29日 (水)

夏の悩み

冷房病になりかけている気がする。

頭と肩、背中までがちがちで固まっている。頭から目の奥にかけて、ずーんと重くて痛い。全身がだるくて足が重たくて、いつもならいくらでも歩きたいと思うのに、駅から家までのたった20分足らずの距離がしんどい。一日に何度か、急に胸やのどのつまりにおそわれて気持ちわるいよ。数分我慢すれば消えるのだけど。眠っているときでさえ、その症状によって目覚めさせられてなんとも厄介なのだ。自律神経が乱れていろいろな症状が出てしまうのかなぁ・・・。ひどくなると(いまはまだ平気だけど)、暑い場所に戻っても体から冷えがとれなくてくしゃみ鼻水がとまらなくなる。体温の調節機能が大きく乱れてしまうのか、ガタガタ震えたりほてったり、暑いのか寒いのかわからなくなってどうにもならなくなる。恐ろしいです。本格的な(寝込むほどの)風邪は、もう5年間くらいひいていないのに(おバカさんかしら)、冷房病には毎年悩まされてしまう。

夏のクーラーがとても苦手だ。電車のなかや職場、そのほかクーラーのきいた建物の中などに長時間とどまらねばならないとなると、まずクーラーのことが心配になり、はおりものにひざかけ、ハイソックスなど、闘うための準備を整える。

今年の夏は節電の夏だから、少しは効きが甘いのだと思う。でも私にとってはそれでもほとんど変わらず、対抗しきれない脅威なのである。例年より弱めてあるにせよ、風の吹き出し口があらゆるところについていてまったく逃げ場がない電車に乗らなければならないのが、毎日の悩み。

みなさん涼しい顔をして電車に乗っている(もしくはそれでも暑そうにしている方もいる)ように私には見えるけれど、私と同じように冷房病に悩む人もいるのではないかなぁ。

カーデガンをはおり、ストールを首にぐるぐる巻いてしのいだり。はだしにサンダル・・・あこがれるけど、できない。夏でもいつでも、年中、熱々のお湯にしょうがチューブをたっぷりしぼったものを入れた魔法瓶を会社に持っていく。時にはカイロを貼る。体をあたためる食べ物を食べる(もともとそういう食べ物が大好き。しょうがとか、根菜類とか、黒っぽいものとか)。冷え改善のつぼを押す・・・などなど体を冷やさない工夫はたくさんしているつもりなのだけど、冷房さまには、なかなか勝てない。

扇風機の風なら平気。どうも、クーラーのあの奇妙に冷たい風がダメみたいだ。暑い夏をうまく乗り切るためにクーラーは欠かせないものだとはわかっているし、仮にクーラーをまったくかけない状態にしたとしたら、もっと耐えられない環境になるだろうということはよくわかる。熱中症対策にも必須だ。クーラーがなければいいのにとは、決して思わない。

しかたがない。私の体が、クーラー不適応なのだから。もっと、闘えるようにパワーをつけることが一番の対策かな。家では、自然の風と扇風機、うちわと保冷剤を手に、たっぷり睡眠をとろう。

|
|

« 雨粒みたいなレモンクッキー | トップページ | 2011、後半戦へ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

女性にとっては、オフィスの冷房の効きすぎはホントに困りますよね。

節電のはずなのに、薄着でスーパーに出かけると、震え上がるほど寒いし!
気をつけましょうね。

うちの仔犬のために、保冷剤をタオルにくるんでやったら、気持ちよさそ~に
寝ていました。同じ日に、どんぐりさんのこの記事を読んで、そうか、保冷剤は
人間にも使えるな、と思い、タオルにくるんでベッドへ持っていきました。
なかなか快適♪ 使ってない保冷剤がたくさん冷凍庫に眠ってましたが、
ことしは活躍してくれそうです。

投稿: jasmine | 2011年7月 2日 (土) 00時10分

jasmine さん、

コメント、ありがとうございます。本当に、自分で気をつけないといけないですね。

保冷剤、快適です。暑い日の夜には欠かせません!

犬は、暑さが苦手なのでしょうか? 「犬は喜び庭かけまわり(雪やこんこ)」っていうから、
寒さには強いような気がするけれど・・・。
jasmine さんのかわいい仔犬ちゃまも、この暑い夏を、元気に乗り切ることができますように。

投稿: どんぐり | 2011年7月 2日 (土) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1423813/40605907

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の悩み:

« 雨粒みたいなレモンクッキー | トップページ | 2011、後半戦へ »