« もっと地面に近い夏 | トップページ | カリカリ梅と、カンタンカンテンクッキング »

2011年7月10日 (日)

小さな光の旅~ホタルとプラネタリウム~

土曜日に、ホタルと星(プラネタリウム)を見に出かけた。

6月の終わり、近所でホタルの観察会が開催されることを知った私。さっそく、「ホタル、どう?」 と友人を誘ってみた。すると、「ホタル! 見たことない! 見たい! 行く!!!」 と、とびきりいい反応が。とっても嬉しい! そこでせっかくはるばる来てくれるならと、もうひとつおまけ(というかどちらも主役だな) を思いついた。

それは、プラネタリウム! 七夕の時期だし、ぴったりでしょ?

柏プラネタリウムは、関東で一番、日本では二番目に小さなプラネタリウムで、柏プラネタリウムの会というボランティアスタッフによって運営されている。市立図書館の一角にある本当に小さなプラネタリウム。ずっと、行ってみたかったのだ(結局、自分が行きたかったってこと)。

15:30からの投影に行くことにした。座席数は45席で先着順だ。せっかく遠くから友人が来てくれるというのに定員オーバーになってしまったら申し訳ない。1時間以上前に整理券だけもらいに行った。よかった、確保できた!

席はほぼ満席。やはりちびっこが多い。ボランティアさんのアナウンスで投影がはじまった。徐々に暗くなり、小さなドームにも満天の星が浮かび上がる。もし空気がもっときれいになって街の明かりが全部消えたら、こんなにたくさんの星が見えるんだって!

と、そこで「星のおじさん」が登場した。今日は、月に一度だけの「星のおじさん」の日だったみたい。そんな日に当たったなんて、運がいい。

「星のおじさん」は現在83歳。17歳くらいのころ星の魅力にとりつかれて以来、ずっと星空を眺めてきたのだという。

「さ~あ、織姫さんは、どの星かな~? 指でさしてみましょう。あとでおじさんが答えを示しますから、当たった人だけ、拍手をしてくださいね~」

ゆ~ったりとした口調でおじさんが言う。やった! 私、織姫さん、当たりました。彦星さんは、間違えましたが。

そのあとも、一時間弱の投影は観客との対話で進められていった。楽しい星の解説や、それまたボランティアのおじいちゃんの手描きの絵を映し出しながらの七夕物語のお話など、とてもよかったです。アットホームでこんなにあたたかい雰囲気のプラネタリウムは初めて! 

毎月内容が変わるから、何度行っても楽しいだろう。通いたくなってしまったよ。

*

夜の部はホタル。開催場所の森へてくてく歩いて行く。なんだかざわざわとたくさんの人の話し声が近づいてきた。おお! 近所の人がちょっと立ち寄るくらいの小規模なものをイメージをしていたけれど、そうじゃなかった。大勢の人が行列を作っていた。

柏ホタルの会は、ホタルの保全・復活をめざして活動するボランティア団体である。
「ホタルの成虫から採卵し、孵化させ、飼育して放流するという、鮭の幼魚を放流するのに似た、ホタルが生き残るのに人間の力を少し貸す活動によって、現状プラスアルファを維持しようとしている」のだそうだ。

森には、ホタルを見学しやすいように遊歩道が整備されていた。行列に続いて森の中に入っていく。すると早くも、ちかちか光るいくつもの点が目に映った。

「あ、いるよ! あ、こっちにも!」

思わず興奮。暗闇のなかに浮かび上がる小さな光。灯ったり消えたり、よく見ていないとほんとうに見ているのかどうかわからなくなりそうな儚い光を、大事にそしてうっとりと眺めた。光が、暗闇のなかをすーっと動いた。飛んでいるよ!

なんだか異空間にいるような感覚だった。ほんの10分にも満たない時間だったけれど。森から出ればそこはいつもの現実の世界なのにね。

ホタルと、プラネタリウム。ボランティアの方の活動によって支えられているからこそ、楽しむことができたのでした。あたたかい気持ちにさせられたのでした。本当に、感謝します。

暗闇のなかの小さな光の旅。目をこらして小さな光を見つけることができたとき、こんなに心が揺さぶられるなんて。

|
|

« もっと地面に近い夏 | トップページ | カリカリ梅と、カンタンカンテンクッキング »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
何気なく覗いてみたら、ほたるとプラネタリウムの記事。
興味がわいて読ませていただきました。
私もつい一昨昨年?まで蛍を見たことが無く。
初めて見た時にはとても感動しました。
何で今まで見に行かなかったのかとも思いました。
プラネタリウムはついこの間久しぶりに行って。
友人ともども爆睡してしまいましたcoldsweats01
うちの職場にはそれはそれは小さなプラネタリウムが
年2回やってきます。
やって来るんですよ移動式のプラネタリウムがhappy01
またお邪魔させていただきますね。

投稿: ちいさいこ | 2011年7月13日 (水) 00時19分

ちいさいこさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

蛍のあの小さな光、素敵ですよね。
プラネタリウム、私も、きれいな星空を見上げていたらそのまま眠ってしまいたい気持ちにもなりました・・・!

移動式のプラネタリウムがあるんですね。
職場にいながらプラネタリウムを楽しめるなんて、素敵です。自分の家にも来てほしいなぁ、なんて思いました。


投稿: どんぐり | 2011年7月13日 (水) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1423813/40759014

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな光の旅~ホタルとプラネタリウム~:

« もっと地面に近い夏 | トップページ | カリカリ梅と、カンタンカンテンクッキング »