« あたらしいつぼみがふくらんで・・・ | トップページ | 人と人とを結ぶ糸 »

2011年8月17日 (水)

いただきものの手作り味噌と梅干しで

「手作り」することをを楽しんでいる友人から、いただきました。

Photo
びんにいっぱいの梅干しと、

Miso
手作りの味噌。

おうちで味噌を作っちゃうなんて、すごい。

Photo_2
まずはごはんとみそ汁で、そのおいしさを味わいました。

手作りの梅干しは、ザ・梅干し! という感じで、口に入れた途端、ぎゅーっと目をつぶって思い切りすっぱい顔をせずにはいられないようなお味。すっぱーい!! でもこれがたまらなくいいのです。大粒でやわらかくて、赤紫蘇と一緒に仲良く漬かっています。赤紫蘇も、友人が種から育てたんだそう。

この前いただいたカリカリ梅の、カリカリ食感も楽しくて次々食べてしまったけれど、こういうやわらかすっぱい梅も大好き! 白いご飯に梅干しは最高です。

毎日、お弁当の白ご飯の真ん中に、この梅干しをぶちゅっとのせて持っていく。お昼にこの梅干しを見て、食べれば一気に元気回復。ようし、もう半日頑張ろう! と思えるのよ。

みそ汁は、お汁をのんでいるとまるごとのお豆があらわれたり、細かくなった粒々がたくさん入っていてお豆の味を堪能できました。やさしいお味で心もほっこり。じっくり時間をかけていいお味に育っていくその日々のことがじんわり伝わってくるようでした。いいなぁ、手作り味噌。

私は、岐阜県で育ったとはいえ愛知県名古屋市にとても近い地域だったため(ひそかに都会人アピール)、食文化はほぼ名古屋と同じ。冷蔵庫に入っているのはもちろん赤みそ。毎日赤だしが欠かせなかったわけだけど、実はこういう色のうすい味噌も好き。

おでんやとんかつにかける甘い味噌も好き(つまり味噌はぜんぶ好きなのね)。

ですので、五平餅をつくってみました。

Gohei

五平餅。

岐阜にいたころは、日常的に登場する食べ物(たこ焼きやみたらしなんかの隣に売られている)だったので、全国共通食べ物かと思っていたら、そうでもないことを知りました。長野や岐阜、愛知あたり、中部地方のものらしい。

軽くつぶしたご飯をこんなふうに割り箸にくっつけて焼き、甘い味噌をぬって焼いたもの。

甘味噌に、私は白ゴマを混ぜ込んだけれど、地方によってはクルミを入れたり、味もいろいろ。形もいろいろ(長野のほうに行くと、みたらしだんごみたいな形になる)。

ぱりぱりっとした外側のご飯と、もっちりした中身のごはん、その上で香ばしく焼けた甘味噌がとてもおいしい五平餅。友人の手作り味噌が、最高においしかった。

|
|

« あたらしいつぼみがふくらんで・・・ | トップページ | 人と人とを結ぶ糸 »

たべもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1423813/41252111

この記事へのトラックバック一覧です: いただきものの手作り味噌と梅干しで:

« あたらしいつぼみがふくらんで・・・ | トップページ | 人と人とを結ぶ糸 »