« 11月 | トップページ | バナナケーキ開発計画 »

2011年11月 5日 (土)

温泉で

温泉に行ってきた。

といっても、街なかにあるスーパー銭湯(でもお湯は、ちゃんと湧き出た温泉の湯)のようなところである。

せっかく元気が戻って来たので、それをもっと確かなものにしようと思い立ったのだ。そういえば、数年前には、10日に1度くらいの頻度で温泉に行くマイ・オンセンブームがあったことも思い出した。そのころ岐阜市に住んでいたのだが、車を走らせれば1時間以内で行くことができる村の温泉が、まわりにいくつもあった。山のなかにある露天風呂はとにかく気持ちよく、周りの風景や空を見上げてよく現実逃避をしたものだった。

都会に出てきて、はじめての温泉だ。家から徒歩約50分。ようやく到着し、わくわくしながら大浴場に足を踏み入れた。

広々とした浴槽と、「エステバス」などなど充実したコーナーがいくつもあり、順々に堪能していった。
最も楽しみなのはやはり露天風呂。温泉の湯はやわらかで、くすんだゴールドと言ったらいいのか、素敵な色をしていた。

「薬湯」というコーナーがあった。そこは小ぢんまりとしていて5,6人も入ればちょっと窮屈そうなところ。すでに3人入っていたから少し躊躇しつつも、やっぱり入ってみたくて、思い切って足を踏み入れた。

あぁ、・・・とってもいい気持ち。

隣にいた、自分の母親よりもやや歳上に見える女性と目が合い、思わずほほ笑む。
と、女性が話しかけてきた。

女性 「ひとりで来たの? 学生さん?」

私  (きゃー!! 学生さんだなんて。どうしよう、ここは学生で通すべきか、と思いつつ)
    「いえいえそんな! 30すぎてます」

女性 (驚きながらも、ズバリと次の言葉)
    「ご結婚は?」

私   「いえ、独身ですので、まあ気ままに、こんなふうに(さらににっこり笑ってみせる)」

そのあとも、よく来るの? どちらから? いまはお勤めなさってるの? 今日はお休み?  あなた、誠実そうだからきっと、医療関係のお仕事でしょう(←すごい! なぜわかる。・・・まあ、健診施設の「事務」ですけどね。でもそこは内緒にして「大当たり!」って言いました)。女性は一通り私を質問攻めにしたり誉めてくれたりしたあと、さらにつづけた。

女性 「いまが一番いいときねぇ。私は結婚が早かったんです。20代の初めにもう子どももふたり産んでいて。そのときは苦労したわね。でも30になるともう、子どもは学校行っちゃて楽になったんですよ」

ふむふむ。そうなんですかぁ~。私は30超えて独身、子なし。人生いろいろですよね。こんなふうに、自由気ままにやりたいことをやらせてもらっていること、本当に感謝しなくちゃなあ、と思う。

・・・

振り返れば、20代前半というか10代終わりというか、私もとにかく早く結婚したいと思っていたな。でもその「結婚したい」は、好きなひとと一緒になりたいというよりも、「家族を自分でつくってみたい」という好奇心のようなものだった気がする(もちろん、いまの家族だって、自分が生まれてきたことによって「家族をつくる」ということに参加しているに違いないのだけどね)。自分で結婚して子どもを産んで、家族をつくるって一体どんな感じなんだろう、という興味が当時の私にはすごくあったのだ。

けれどもなぜだか機会を逃し、仕事や毎日のいろいろに没頭しているうちに、結婚したいと思っていた年齢よりもすでに10個くらい歳をとっている。これは驚きだ。

それと同時に、気持ちにも変化が生まれていることに(きょう)気づいた。

いまは、「家族をつくってみたい」というよりも、「一緒に人生を歩んでいけるひとがいたらいいな」という気持ち。20代のころのように「結婚したい!」という感じではなくてね、なんていったらいいんだろ・・・。

たとえば、結婚したいから婚活(こんな言葉、昔はなかったですね)する、もちろんそれも素晴らしいことだと思う。自分の思い描く人生を積極的に切り開いていくことは素敵だ。

でも私は、もうちょっとゆるゆるかなぁ。日々出会う人を大切にするなかで、一緒にいたいなぁと思えば一緒にいる。そうして、いつまでも寄り添いあっていきたいなぁと思えば、結婚ということにもなるのかもしれない。

お互いに、どこまでも寄り添いあえるひと。どんなことがあっても大丈夫な存在がいたら、生きていくうえで強いだろうなということを、思う(いまの家族は、もちろん別格で、ですが)。何歳になってもいい(もちろん早いほうが一緒にいられる時間が長くなっていいけれど)。極端にいえば、死ぬ1年前でもいい。そういうひとと一緒になれたらいいなと思う。

友人が結婚していくこと、それ自体、めちゃくちゃ嬉しい。でももっと嬉しいのは、相手のことが好きでしかたがないことや、相手が自分のことを思ってくれているというラブラブ話を聞くこと。私は、他人のラブラブぶりが大好きなのだ。電車ですわって寄り添いあう学生カップル、ホームで抱きしめ合う男女、仲むつまじく手をつないで散歩する老夫婦、などを発見すると嬉しくて思わず見とれてしまう(←コラコラ)。

だって、嬉しいじゃないか。そういうひとがいるってこと。

なんてことを、きょう偶然にも温泉で出会えた女性とのやりとりから、考えてしまったのでした。

「どうぞ、お元気で」 女性と私は、お互いに、そう言ってお別れした。人生、いろいろ。素敵な出会いだった。

|
|

« 11月 | トップページ | バナナケーキ開発計画 »

日々のこと」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1423813/42879608

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉で:

« 11月 | トップページ | バナナケーキ開発計画 »