« 月と雪玉 | トップページ | ハンドクリームを買う時に思ったこと »

2011年12月12日 (月)

しょうがないしょうがの話

12月2日の記事の、しょうがのはちみつ漬けのその後。

Photo

(実は、ずいぶん前に撮った写真でして、いまではもう、すっかりからっぽになっているのですがね)

しょうがからエキスが出て、はちみつがサラサラの液体に変身しました。数日置いたわけではなく、あっという間に。その日のうちに、です。

しょうがははちみつに浮くものだったらしい。このため、しょうがのある上のほうだけうまいことサラサラになって、下はとろりとしたはちみつのまま、姿を変えていませんでした。まあ、しょうがないです。

・・・と、あまりにも基本的なギャグに、ますます寒さが増したところで、

Koutya

新しょうがはちみつ紅茶。いただきます!

しょうがはちみつ&紅茶パワーで体ぽかぽか、とってもあたたまります。元気も出るよ!※注・・びんの半分の量を一気に入れたわけではありません。

しょうがはちみつを入れたところを写真に撮りたいと思って透明のティーカップにしたのに、ちっとも見えないのでした。一応、底にしょうががあるのにね、これはもう、しょうがないと言うしかありません。

このほか、プレーンヨーグルトにかけたり、パンに塗ったりしていただきました。

もちろん、取り出したしょうがをそのまま食べてもとてもおいしい。
新生姜はもともと白くて筋がなく、スライスしてそのまま食べても甘くてサクサクの食感が心地いいのです。はちみつ漬けにしたら、はちみつの甘さを吸収してさらに食べやすく変身してくれました。

新生姜、最高!

いまは新生姜の姿をみかけなくなってしまったけれど、それはもう、しょうがない(←3回目だよ!)

でも、生姜生活は続けています。年中、365日生姜と仲良くさせてもらっています。

朝、しょうがスライス入りの白湯を飲む。会社へも、それと同じものを魔法瓶に入れて持っていく。夜、しょうが紅茶。そして、料理にも欠かせないしょうがさまさま。

というわけで、私にとって、しょうがないのは、ほんとうに困るのです!

|
|

« 月と雪玉 | トップページ | ハンドクリームを買う時に思ったこと »

たべもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1423813/43343999

この記事へのトラックバック一覧です: しょうがないしょうがの話:

« 月と雪玉 | トップページ | ハンドクリームを買う時に思ったこと »