« スカイツリーとおしなりくん | トップページ | チョコレートに愛をこめて »

2012年2月11日 (土)

夜中におなかが痛くなったら

それは節分前夜の2月2日、午後10時を少し過ぎたころのこと。

私の体に異変が起こった。

なんだか、おなかの具合がよくない気がする・・・そう思ってトイレに行く。
軽症とはいえないが、重症というわけでもない。それでもやや体力を消耗したので、早めに寝床に入り、眠りに落ちた。

日付は変わって2月3日午前2時。再びうめき出したおなかの声に目を覚ました私は、凍える寒さのなか、しぶしぶトイレに起き出した。

!!!

まずい。今度はけっこうな重症である。一気に背中に緊張が走った。

私は一瞬のスキを見て寝室へ行き、すばやくあたたかい上着と携帯電話を引っ掴むと再び小さな戦場に戻った。最初の一撃から、長期戦になるだろうということを確信したのだった。万全の態勢をもって戦いに臨まなければならない。

それはますます激しさを増していった。まずい。かなりまずい。やめてやめてやめてーーー!!! 叫ぼうにも叫べない。信じられないスピードで私の体から水分が奪われていく。どうしよう。急に気分も悪くなってきた。息がどんどん荒くなる。冷や汗。気を失いそう。怖い。どうしよう。ダメだ。救急車? でも・・・。止まらない。どうなっちゃんだろう。でも仮に救急隊員が来てくれたとしても、とてもトイレから出られるような状態ではない。でも助けて。だれか助けて。真剣に、まずいかもしれない。床に置いた携帯を見つめながら、ちょうどその携帯みたいに体をぴったりと半分に折り曲げてその苦しみに耐えた。とにかく意識が遠のいていかないように必死で自分を奮い立たせる。大丈夫。大丈夫。いつかはおさまってくれるはず。耐えろ、耐えるんだ、私!

ふるえる手で、携帯のボタンを押した。実家の母にメールを送る。最低限、10文字足らずの言葉をなんとかして打ち終える。

草木も眠る丑三つ時。母が起きるはずなんてない。たとえ起きてくれたのだとしても、深夜だし、そもそも何百キロも離れたところに住む母が、飛んでこられるわけがない。どうにもならないことはわかっている。でもとにかくいまの自分の状況を誰かに伝えたかったのだ。

ところが、驚いたことに母は変身して、ではなくて返信してくれたのだ。さらにその30秒後、電話が鳴った(母、ほんとうにありがとう。そして、起こしたうえに心配かけて本当にごめんなさい)。

そのときもまだ私はまともに話せるような状態ではなかった。荒々しく吐き出される息を何とか声にする。母は、まったく冷静だった。夜中に娘が突然メールをして来ようと、すこしも動じていない。

「そんなにひどいの。病院行ける? タクシーか、救急車で行くか。困ったね、そういうことしてくれる人、おらんであかんね」

母よ・・・こんな緊急事態だというのに、寂しさをますます増大させるようなことを言うのだね。そうだよ、私はいま小さな個室にひとりきり。しょうがないのだ。ひとりで戦わねばならぬのだ。

ふと、同じ敷地内に住む大家さんの顔が浮かんだ(けれど、数か月に一度くらい朝のゴミ置き場で偶然会ったときに少し言葉を交わすぐらいの仲である彼女を、おそらく70は超えると思われるおばあちゃんである彼女を、この深夜に呼び出してもよいのだろうか。呼び出してよいほどのことなのだろうか)。

それなら、同じく同じ敷地内にある24時間営業のコンビニの店員さんに助けて、と言おうか。店番でひとり以上は必ず起きているはずだ。

それとも、隣の住人に助けを求めようか。いまこの体勢でも、うしろの壁を力いっぱい叩けば何かの異変に気づいてくれるはずだ(といっても、隣の住人とは、たった一度すれちがってひとこと挨拶を交わしただけの仲だ。こんなことならもう少し仲良くして、さまざまな緊急事態にそなえて「SOS」をあらわす壁たたき合図を数パターンを決めておけばよかった)。

なんてことを思い浮かべる余裕があったのかなかったのか、とにかく耐えるしか道はない。人生もっといろいろあるのだから、こんなことに負けてちゃならぬのだ。

時の流れに、身をまかせよう。私の内から出されていくものの流れに、トイレの流れに、すべてに身をまかせよう。ときにはこんなふうに身をまかせることも必要だ(といいますか、こればかりはどうにも逆らえない)。

~(たぶん)つづく~

ひさしぶりにブログを書いたかと思ったらこんな体調不良の話だなんて・・・(しかもまだ続くのかもしれない)ごめんなさい。

|
|

« スカイツリーとおしなりくん | トップページ | チョコレートに愛をこめて »

心と体」カテゴリの記事

コメント

うう~、しばらく記事がアップされないので、どうしたのかな? と心配していたのですが・・・
もうだいじょうぶですか? インフルエンザも流行っているし、どうぞお大事にしてくださいね。

続きがすご~く気になります。(>。<)

投稿: jasmine | 2012年2月12日 (日) 21時54分

jasmine さん、

あたたかいお言葉、ありがとうございます。もうすっかり元気になりました~! 
体調を崩すとほんとうに大変・・・インフルエンザにも気をつけます。

こんな体調不良の話で申しわけないですが、またつづきを書いてみたいと思います。

投稿: どんぐり | 2012年2月13日 (月) 21時36分

こんばんは。
今は復調されたということですので。
とりあえずよかったですね。
どんぐりさんのお腹の不調は血管迷走神経反射ではないでしょうか。
私も同じような症状に何度か襲われた事があり、あれはいったい何
なんだろうとずっと思っていたところ。今の職場の上司の一言で、
腑に落ちて非常にスッキリしたのはごく最近の事happy01
ただ、少し調べてみましたが、予防は難しいらしい。
私が最後に体調を崩したのは外出先での事。本当にどうしようかと
思いました。幸いそれ以来何年かは大丈夫です。
どんぐりさんもお気を付け下さいねconfident

投稿: ちいさいこ | 2012年2月16日 (木) 21時23分

ちいさいこさん、

コメントありがとうございます!
おかげさまで元気になりました。

原因のご指摘、ありがとうございます。なるほど、そうかもしれません。
体調が急激に変化して、バランスが崩れて、頭にいくべき血が足りなくなったのかもしれません。

ちいさいこさんも以前、苦しまれていたのですね・・・お互いに気をつけましょうね。

投稿: どんぐり | 2012年2月17日 (金) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1423813/44013792

この記事へのトラックバック一覧です: 夜中におなかが痛くなったら:

« スカイツリーとおしなりくん | トップページ | チョコレートに愛をこめて »