« 夜中におなかが痛くなったら | トップページ | 夜中におなかが痛くなったら(つづき)~回復編~ »

2012年2月15日 (水)

チョコレートに愛をこめて

バレンタインのチョコレートケーキ。

Photo
手作りです。とっても上手でしょう?

職場で切り分けて、みんなでいただきました。

Photo_2
下のほうには赤いラズベリーが入っています(見えるかしら)。

上のほうはとてもしっとり。外回りは固くてしっかり、ちょっぴりさくさく。
身がぎゅーっとつまってて、「チョコを食べてる!」という濃い味がとびきりおいしいケーキでした。

・・・と、ここまで書きましたが。

私がつくったものではありません(はじめから気づいてるか・・・)!

ケーキ作りの上手な仕事仲間がつくってきてくれたのでした。男性だけにというわけではなく、みんなで食べよ! と(なんてうれしいこと)。

彼女の愛情、ぎっしりつまっていましたよ☆

私の所属部署の女性陣は、彼女のほかに私ともう一人。
彼女は、「ケーキ作ってくるね!」と事前に宣言していたので、「もう一人さん」と私は共同で買って男性に渡すことにしました。

「じゃあわたし買ってきま~す!」ある日の会社帰り、私は張り切ってデパートのバレンタイン特設会場へ足を運んだ。

せっかくだから、渡す男性はたった4名だし、一人ひとり違うものを買うことにした。

甘いものが大好きで私と同い年のやさしい男の子には、試食してとてもおいしかったやわらかな生チョコを。

スラリとしてロングコートが似合う素敵な上司①には、ひとつひとつのデザインが凝った艶やかでおしゃれなチョコを。

落ち着いていてゆったりとした雰囲気のある上司②には、パッケージも中身も落ち着いた感じのするまろやかなトリュフチョコを。

いつもおもしろいことばかり言ってみんなを楽しませてくれる元気な上司③には、ハートがたくさんついたポップなパッケージの商品を――彼は甘いものが苦手なので実は中身はあっさりとした上品なえびせんべい。

こんなふうにお一人お一人の顔を思い浮かべながら選んでいたから、もともと優柔不断な私は相当に悩み、ずいぶん時間がかかってしまった(でもいろいろと試食もさせてもらってとても楽しかった)。この悩みようは、本命と同じくらいもしくは本命以上だったりして(笑)。

その人にぴったり似合うものを贈りたいなぁ、と思うから。相当迷ってしまうわけです。

++

職場というところには、それぞれいろいろなバレンタインがある。

昔勤めていた職場では、新入社員が女性社員全員からお金を集めて男性社員にチョコを配らなくてはいけない、というしきたりがあった。こういうの、私は実はあまり好きではなかったな。おもしろくないやんかと思っていました。

だって、ものすごく事務的だから。一種類のチョコを人数分買って、当日の朝にそれぞれの机の上に置いておくんです。まるで給食配るみたいだなぁ、なんて。自分が新入社員で当番だったときは、あまりに味気ないのもなぁなんて思ってかわいい付箋に名前を書いて貼りつけてもみたのだけど、いかにも儀式って感じが好きじゃなかったなぁ。仕事の一部みたいな感じがしてしまって・・・(もっと工夫すればよかったのかもしれませんが)。

渡したい人が、渡したい人にあげればいいのにな。そのほうが、感謝の気持ちも伝わるのにって思ってしまう。

++

というわけで、LOVEの気持ちをあらわしたいなと思って、愛情をこめてチョコを選んでみたのでした。みなさまへの感謝の気持ちはやっぱり、「義理」なんてものではなくて実はぜんぶ本命なのだな。ちゃんとそのひとに似合ってくれるといいな。たとえほんの少しでも、気持ちが伝わるといいなと思います。

愛をこめて。

みなさまいつもほんとうに、ありがとうございます。

|
|

« 夜中におなかが痛くなったら | トップページ | 夜中におなかが痛くなったら(つづき)~回復編~ »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1423813/44136456

この記事へのトラックバック一覧です: チョコレートに愛をこめて:

« 夜中におなかが痛くなったら | トップページ | 夜中におなかが痛くなったら(つづき)~回復編~ »