« 自分自身に惚れること | トップページ | 春のお別れ、新たな出会い »

2012年3月23日 (金)

赤だしの香り

最寄駅から家まで歩く帰り道。

ふわりと、みそ汁のにおいがした。

あぁ、いいかおり~。

これはきっと、赤みそにちがいない。めずらしいなぁ、この辺って、合わせみそや白みそを使うんじゃなかったっけ(だって、スーパーの棚に赤みそは少ししか陳列されていないし)・・・などと思いながら、白いごはんの横で湯気を出すおいしそうな赤だしの姿を思い浮かべた。

私の出身地は東海地方。赤みそ文化だ。食卓に、赤だしは欠かせない。

日本全国の家庭で、みそ汁をほぼ毎日飲む習慣があるのかどうかはわからないけれど、私の実家では、ほぼ毎日みそ汁が登場していたような気がする。少なくとも、みそ汁大好きな父は、毎日必ず作っては朝晩欠かさず飲んでいたはずだ。具はシンプル。材料ひとつでもみそ汁はおいしくできてしまうのだ。もやし。短冊切りにした大根。玉ねぎ。豆腐。ときどきなめこやあさり、などなど。

学生時代にアルバイトをしていた和食処でも(といいますか、和食処だから当たり前なのですが)、おそらく、赤だしは欠かすことのできないきわめて大切なものだった。

赤だしがたっぷりと入った鍋が、常に弱火(とろ火というのかな)にかけてあって、味が濃くもうすくもならないように気をつけなさいと、いつも言われていた。具は、入っているかいないかくらいの小さな麩とわかめ少々なのだけど。和定食には、やっぱりみそ汁がなくっちゃね。

赤だしの香りに包まれると、なんだか安心する。

カレーのにおいではなく、ホイコーローのにおいでもなく、香ばしい焼き芋のにおいでもない(もちろん、食べもののおいしそうなにおいは何でも好きなのですが)。

私の心を最も穏やかにさせてくれる食べもののにおいとは、赤だしの香りなのかもしれない、と今日、思った。

といいながら、最近作っていないなぁ。

明日あたりにでも作って、香りに癒されてみることにしようかな。

|
|

« 自分自身に惚れること | トップページ | 春のお別れ、新たな出会い »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

赤みそー(*´-`*)
私も、(白も合わせも好きですが)やっぱり赤みそのお味噌汁が幸せですねえ。

投稿: くまぼぼ | 2012年3月24日 (土) 11時17分

あ、さすが、くまぼぼさんも☆ 

赤みそのみそ汁を愛する気持ち、おんなじですね! ほんと、幸せです~。


投稿: どんぐり | 2012年3月24日 (土) 20時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1423813/44609677

この記事へのトラックバック一覧です: 赤だしの香り:

« 自分自身に惚れること | トップページ | 春のお別れ、新たな出会い »