« きなこ黒ゴマビスケット | トップページ | いろとりどり »

2012年4月 1日 (日)

5年目の終わりと、6年目の始まりに。

4月1日。新年度の始まりだ。

翻訳の勉強をするために都会にやってきて、この3月で丸5年が経過した。

上京前、翻訳とはまったく関係のない仕事をしていた私。あるとき書店で偶然、「あなたも翻訳家になれる!」なんて題名の本を手にとって読んでみたことがきっかけで、生まれてはじめて翻訳というものに興味を持った。翻訳とは何か、どうしたら翻訳者になれるのか。翻訳関係の本を何冊か読んで自分なりに研究したけど、どうやらものすごく厳しい世界であるようだった。そのうえ、自分には語学力も専門知識もない。でも、やってみたかった。文章を書くことが好き、言葉が好き。翻訳をやりたいというただそれだけの思いで、2007年春、ひとり、都会にやってきた。

「10年計画で行ってくるね」周りの人たちには、そう伝えた。当初は出版翻訳をやりたいと思っていたから、両親が生きているうちに訳書1冊、出せたらいいなと思っていた。

でも最初の1年を終えた時点で、実務翻訳に興味が移った。いまでは、両親が生きているうちに、「翻訳者です」と胸を張って言えるような翻訳者になっていたいと思う。

実務翻訳者になろうと考え始めてからも分野が定まらずいろいろとさまよっていたけど、ようやく、いまから2年半前(ちょうど半分の地点ですね)に医薬翻訳者をめざすことに決め、通信講座での学習を開始した。

*

毎週課題を提出すると、先生の手によってきっちりと添削されたものが後日返ってくる。提出できない期間も少しあったけど、2年半、それをずっと繰り返してきた。

郵送でのやり取りだから普段は先生にお会いすることはないのだけど、今年2月の直接講義で、初めてお会いすることができた。

通信講座では、「こんな日本語ありません」、「こういう言い方は絶対にやめてください」などという厳しいお言葉や、A4用紙の半分くらいにわたる大きな×をくださる先生なのですが、お会いしてすぐに、あたたかくてやさしいお人柄であることが伝わってきた。講義中も、私は、先生のユーモアたっぷりのお話に惹きつけられっぱなしだった。

バックグラウンドのない私が医薬翻訳だなんて、とてつもなく無謀な挑戦であることは自覚していたけど、それでもやってみようと思って歩き始めた道。最初は、まったく形にもならない訳文だった。でも、まだまだほど遠いことはわかっているけれど、ほんの少しずつだけど、めざすべきものに近づいていることは確かだ。苦しいけれど、険しいけれど、高い山を一歩ずつのぼっていき、その手ごたえを感じられることはとても楽しい。ものすごくスローペースで何も持っていない私だけど、こんな自分にだって、無理なことではないのだ。

もっともっと、いい日本語を書きたい。もっともっと、日本語の力を磨きたい。

そして、医薬の文章がどんなものか知らなきゃ自分で書けるはずがないから、もっともっと、専門書を読まなきゃいけない。

上京して2年半でやっと、めざす方向が決まった。そこからさらに2年半たったいま、引き続き医薬翻訳者への道を歩んでいくうえで、「この先生の下でやっていきたい」という気持ちがはっきりした。いまあらためて先生の著書を読み返し、その思いをますます強くした。それと同時に、何をしなきゃいけないのか、何をすれば力を伸ばすことができるのかが、やっとわかった。これまでそういうことを考えもせず、目の前にあるものだけを、時間に追われながら何とかこなすことしかできなかった。そのうえ、何が大切なのかを考えようともせず、あれこれまた別のものに手を伸ばそうとしたこともあった。

6年目の始まり。

明確に見えてきた道、進んでいくべき道を、これからしっかりと踏みしめて歩いていこう。

(ウソじゃないよ。4月1日だけど)

|
|

« きなこ黒ゴマビスケット | トップページ | いろとりどり »

翻訳への思い」カテゴリの記事

トライアリスト」カテゴリの記事

コメント

久しぶりに遊びにきました。
いつも読んで思うのが、しっかりと自分を見つめながらブログを書いているんだな、と感心してます。
二年半も医薬翻訳の勉強を続けてきて、なおかつどう勉強していけばよいかを考え実行している姿勢が伝わってきて、私も頑張らなくては!!と思いました。
私は、いまだに道が見えてない状態だけど、いつか同じ翻訳者として話ができる日が来るように頑張ります。
仕事に勉強に忙しいと思いますが、体調には気をつけてね。
今日、お散歩に公園へ行ったら桜が七分咲き位で綺麗だったよ。
桜が咲くと暖かい季節の始まりを感じて、とても嬉しく穏やかな気持ちになります。
6年目も貴方にとって良い年になりますように。

投稿: むさ | 2012年4月 5日 (木) 15時16分

険しい登山でも、そして少しずつでも、
確実に頂上に近づいているという手ごたえを感じると、
うれしくなりますよね。
頂上にはとても素敵な景色がどんぐりさんを
待っているでしょうね。
お互い頑張りましょうねnote

投稿: スミレレ | 2012年4月 5日 (木) 22時47分

むさちゃん

遊びに来てくれてありがと! 嬉しいよ。
まわり道だらけの人生だけど、翻訳者への道は、頑張って歩き続けていきたいと思っています。

ふっと、4年前(たしか)のちょうど今くらい、桜の咲く時期に、むさちゃんと『ライラの冒険』を見に行ったことを
思い出したよ。むさちゃん、映像翻訳すきだったなぁと。
少しずつ、一緒に頑張っていこうね。

桜、いいよねぇ。
むさちゃんも毎日てんてこまいだと思うけど、体に気をつけて。
ゆっくり桜を見上げてお散歩して、この季節を楽しもうね。

投稿: どんぐり | 2012年4月 5日 (木) 23時15分

スミレレさん、

はい。そういううれしさを励みに、これからも頑張って登りたいと思います。

スミレレさんにそう言っていただけると、ほんとうに素敵な景色に出会えそうな気がしてきます。
ありがとうございます、頑張ります!

投稿: どんぐり | 2012年4月 5日 (木) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1423813/44198135

この記事へのトラックバック一覧です: 5年目の終わりと、6年目の始まりに。:

« きなこ黒ゴマビスケット | トップページ | いろとりどり »