« 桜の下で | トップページ | 理化学研究所 一般公開 »

2012年4月16日 (月)

春雨のメロディーを聞きながら 翻訳そぞろ歩き『夏目大さんとゆく江ノ島~鎌倉編』

先週土曜日に、「翻訳そぞろ歩き」というものに参加させてもらった。これは、仕事、学習など何らかの形で翻訳にかかわっているひとたちが集まり、ただただおしゃべりしながら一緒に街を歩くという企画である。

翻訳者になることを夢見て学習を続けている私。2009年の秋、実務&出版翻訳者のイワシさんによってはじめられた「翻訳そぞろ歩き」に私はこれまで数回参加させていただいたのだが、そのたびに「また参加したい!」と思わせてくれる、それはそれは素敵な企画なのだ。

今回は、『夏目大さんとゆく江ノ島~鎌倉編』。翻訳家夏目大先生のご案内で、一日楽しく鎌倉を散策しました。

朝からあいにくの雨だったけど、午後になればきっと雨はやむだろうという願いとともに、予定通り決行されることに。

集合場所である江ノ島までは、私の住居から約2時間半。小旅行気分で十分余裕を持って家を出た、はずだったのですが・・・、
 
思いがけない電車の遅延。それは約5分足らずのものだったのに、次に予定していた特別急行に乗り遅れて調子をくずし、最終的には30分以上遅れて集合場所の片瀬江ノ島駅に到着(遅刻して申し訳ありませんでした)。

天候の具合により江ノ島散歩の計画を変更してすでに新江ノ島水族館に入館していたみなさまと、ようやく合流。あぁよかった~。

夏目先生おすすめの水族館、楽しかったです! 自分も水槽のなかに入っているような感覚で、海の世界を味わいつくしました。一番印象的だったのが、ゴマ粒くらいにおチビちゃんのクラゲ。名前は覚えていないけど(ごめんなさい)、そんなに小ちゃいのにしっかりと、クラゲなのです。ぷわっぷわっと体を精一杯動かして泳いでいました。

素敵なお店で昼食をとったあと、みんなで江ノ電に乗り込み、次の目的地鎌倉へ。

ゴトゴト電車に揺られていると、「これを見てもらわないと、」と、先生が突然、手をワイパーみたいにしてくもった窓ガラスをふきはじめました。

わぁ。海だぁ~~~! 

見れば、小さな江ノ電の車窓いっぱいに大きく広がる雨の日の海。

「私は方向音痴ですが、どちらの側の席にすわれば海を見ることができるのかだけは、ちゃんとわかっているんです」と、夏目先生。今度また天気のいい日に、間違えずにそちら側の席にすわってゆっくり海を眺めてみたいです。

両側に桜の木がずっとつづく参道を、傘をさし大きな水たまりをよけるためにぴょんぴょんと飛び跳ねながら進んでいく。そうしてたどりついたところは、鶴岡八幡宮。長い階段をのぼり、参拝を済ませ、くるりと振り返ってみれば、緑も美しい雨の日の落ち着いた風景が眼下に広がっていました。

*

今日もまた、「翻訳」のつながりで出会うことのできた人たちと一緒に歩き、お話できたことがとてもうれしかったです。いつも感じることは、どの方も本当に、翻訳や翻訳にかかわることが好きなのだということ。熱い思いをもっていらっしゃるということ。そして、ご趣味をはじめ日々の暮らしをとても上手に楽しまれているということ。目を向けられている世界の範囲が広く、とても豊かなものに感じられます。

私も、翻訳に関することはもちろん、もっともっと貪欲に、さまざまなものや人への出会いを求めていきたいなと思いました。世界はうんと広い。その広い世界という入れ物にも収まりきらないくらい、知りつくすことのできないさまざまなものが存在する。

翻訳者として自分の言葉を生み出すってことは――。

本物の翻訳者の方から生み出されるその言葉とはきっと、その人の持っているもの(それまで経験してきたこと。その人の生きざま)すべてなのかもしれないな(大げさかもしれませんが)。自分の目で読み、耳で聞き、話し、感じ、遊び、十分に消化された言葉であってはじめて、使いこなすことができるのだろうな。

テーブルにはマッチの大箱、静かにゆらめくキャンドルの火の光。ほどよく照明がおとされて大正ロマンの香り漂う素敵な雰囲気の喫茶店の隅っこの席からみなさまの顔を眺めながら、そんなことを考えていました。

ナッツにレーズンバターをつまみながら、おしゃれにワインを楽しむ3名の素敵な方たちに囲まれながら、ひとりお子さまみたいにプリンを食べる私(だって何も知らずに座ってしまっただんだもの・・・)。そんな大人の方たちの、味わいのあるとても素敵なお話に耳を傾けながら、そんなことを考えていたのでした。

ぐずついたお天気もまるで晴れて見えてくるみたいに、楽しく鎌倉を案内してくださった夏目先生。

水族館で、常に何十匹(百匹以上かも)もの群れをなして泳ぐイワシの大群を前に、「イワシって、ひとりじゃ泳げないんだ」とつぶやいていらっしゃった主催者、イワシさん。

手間のかかる会計係を自らひきうけて頑張ってくださったKさんとそのまわりの方々。

一緒に歩き、食事をし、楽しい時間を作りだしてくださったみなさま。

本当にありがとうございました!

○●○おまけ○●○

Teru2

(1月と同じパターンですが)

そぞろ歩きの前日につくったてるてるぼうずちゃん、桜模様のワンピース風。

大嵐にならないように頑張っていてくれたね、ありがとう。

決行されて本当によかった!

|
|

« 桜の下で | トップページ | 理化学研究所 一般公開 »

翻訳そぞろ歩き」カテゴリの記事

コメント

先日はお会いできて、ついにお話もできてとても嬉しかったです!
どんぐりさんのブログを読んでいたら、早くも零れ落ち気味だった旅の細部を思い出しました。そうそう、先生が海を見せてくださったのですよね。
水族館に海に鶴岡八幡宮にミルクホールに…。本当にどの場所もよかった。それはiwashiさんや先生の心配りのおかげだったんだなあ、とちょっとウルウルしています。

またぜひお会いしましょう。本当にありがとうございました!

投稿: くまぼぼ | 2012年4月17日 (火) 11時40分

ありがとうございました!(^0^)/

またの機会を楽しみにしています。

ミルクホールは、初めから「甘味処に行く」という主旨の企画だったのですから、プリンを食べるのが本道です!もちろん、何を食べても飲んでも自由なのですが、主旨どおりにプリンを食べて小さくなる必要はないです!甘い物はお子さまってことないですよ。
(^^)

投稿: Natsume | 2012年4月17日 (火) 11時54分

くまぼぼさん、

こちらこそ、お会いできて嬉しかったです!

(もしかして、この方がくまぼぼさんかしら)と思い始めた瞬間から、こっそりドキドキしておりました。新しい友達ができるときのちょっとくすぐったい感みたいなものも感じながら(笑)。おしゃべりとても楽しかったです。

楽しく過ごすことができたのは本当に、iwashiさんと先生とそれから、お会計のときなどにさっと動いてくださったくまぼぼさんのような方々のおかげです。本当にありがとうございました!

またお話しましょうね。楽しみにしています。

投稿: どんぐり | 2012年4月17日 (火) 22時39分

Natsume先生、

本当に楽しい一日でした。ありがとうございました。

プリン♪ あぁ、よかった。食べてよかった、出会えてよかったです。
ワインまでもが似合う喫茶店なんて素敵だな~と思いながら、でも、プリン最高でした!
あんなにも、ひとくちひとくち大切に食べたいプリンに出会ったのははじめてです。あんなにもしっかりとプリンに向き合ったのもはじめてです。
旅のしめくくりのミルクホールとプリン、最高でした!

またの機会にも、先生のお気に入りに出会えることを楽しみにしています。

投稿: どんぐり | 2012年4月17日 (火) 22時45分

力作のレポートありがとうございます!
雨であまり歩けませんでしたが、お店や水族館がとてもよかったですね ^^
雨の江ノ電も雰囲気がありましたね~

投稿: イワシ | 2012年4月18日 (水) 12時06分

イワシさん、

土曜日はありがとうございました。

はい、本当に。水族館もお店も、そぞろ歩き隊にぴったりの場所でした!
雨も似合う江ノ電ですね。素敵なデザインのものに乗れましたしね☆

投稿: どんぐり | 2012年4月18日 (水) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1423813/44885031

この記事へのトラックバック一覧です: 春雨のメロディーを聞きながら 翻訳そぞろ歩き『夏目大さんとゆく江ノ島~鎌倉編』:

« 桜の下で | トップページ | 理化学研究所 一般公開 »