« ドライヤーを買いに行く | トップページ | 「病理」って?(日本病理学会 公開講座のお話を聞いて) »

2012年4月27日 (金)

春の連休

「連休だね。どんぐりさんはどう過ごすの?」

職場仲間が問いかけてきた。

えーっと・・・それほど特別なことはしないですねぇ。最初の3日間のほうは、ふるさとから友人が遊びに来るので一緒に東京めぐりなどする予定だけど、あとの4日間は、誘われもせずお誘いもせず、特に予定を入れていないのですよ。

きっと、旅行やお出かけなどをされるだろうなと(そういうイメージの)彼女に同じ質問を返すと、意外にもおうちでゆっくりされるのだという。やりたいことの一番は、掃除なのだと。そう、私もそう思う!

小さなお子さま2人のパパである男性にも同じことを尋ねると、どこへ行くかは決めてないけどきっとどこかへ出かけるのだというお返事。そうだよね、ファミリーのゴールデンウィークと言えば、お出かけ! 小学生時代のことを思い出して(大渋滞で遊園地にたどりつけなかったこともあった・・・)懐かしくなりました。

連休中、やろうと考えていることは山ほどある。

あしたからの3日間は、その友人との散歩や行きたいセミナーがあるのでそれに参加するなど、お出かけ中心で過ごすのだろうな。

あとの4日間でやりたいこととは・・・。
かねてからやろうやろうと思っていたことが積もり積もってしまって、それを一気に消化したいということなのですがね。

やりたいことその1、洗濯

年末にやろうとしたカーテンの洗濯。カーテンを洗った日は、乾かすためにずっと窓をあけておかなければならない、ということに気づいて先延ばしにしていたのだ。

それから、冬物の衣類。コートなどの大物のおうちクリーニング。専用の洗剤を入れて洗濯機を回してしまうだけのことなのに、なかなか気が進まなかった。

その2、整理整頓

春・夏もの衣類よりも、実はまだ分厚い衣類の方が取り出しやすい位置にあるのだ。すばやく、衣替えをしなくちゃな。

その3、パソコンを見に行く

いままさに使用しているパソコンの具合が、ここのところずっとよくない。うまく起動せず、一度ボタンで電源を切り、再び電源を入れ、問題を調査し、復元し、ようやく起動・・・ということが増えてきた。いよいよ本格的に電源が入らなくなるのではと思いまして。

そのほかには、

本を読みたい(本棚でずっと私に読まれることを待っている本がたくさん。うちの母が、自分が読み終わった本を私に送ってくれるのですが、それもたくさん)。翻訳の勉強をしたい(いつものことだけど、いつも課題をすることで精一杯になりがちなので、それ以上のことを)。勉強関係の整理整頓(これができていないから、日々、目の前のことに追われて終わっちゃうんだ、きっと)。本を探しに、大型書店や古本屋さんにも行きたい。何か、お料理もしたい。新しく植物の種をまきたい。そうだ、お手紙プロジェクトというものもやってみようと思ってたんだ。

坐禅会に参加してみたい、サイクリングに行きたい、インカ帝国展に行きたい、などなどお出かけ系もいろいろ考えていたのだけど、どうしようかな。

やりたいこと、もっといろいろ細かく考えていたような気もするのだけど・・・、でも

出かけるにしても、お家でこまごまとしたことするにしても、いい時間を過ごせそうで、楽しみです。

|
|

« ドライヤーを買いに行く | トップページ | 「病理」って?(日本病理学会 公開講座のお話を聞いて) »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

どんぐりさんのブログやfacebookの誰かのコメントを読んで、
そういえば連休なんだ~、と気づいたわたし。

いろいろ楽しそうな連休でいいですね~♪ さすが、計画的だなぁ。

わたしはキホン仕事ですが、あしたはお芝居を観にいくのと
6日(夫の誕生日)はまる一日休むのが楽しみです。^^
ではでは、楽しんでくださいね~! *^。^*

投稿: jasmine | 2012年4月28日 (土) 21時19分

jasmine さん、

お芝居、いいですね~♪
そして(ちょっとフライングですが)旦那さま、お誕生日おめでとうございます。
楽しい一日をお過ごしくださいね!

つい、気合いを入れていろいろ書いてしまいましたが・・・でも、天気もよさそうですし、楽しみです。
お仕事、おつかれさまです。

投稿: どんぐり | 2012年4月28日 (土) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1423813/45050961

この記事へのトラックバック一覧です: 春の連休:

« ドライヤーを買いに行く | トップページ | 「病理」って?(日本病理学会 公開講座のお話を聞いて) »