« 花めぐりその2*ぼたん* | トップページ | 雨の日のお買いもの »

2012年5月 3日 (木)

花めぐりその3*藤の花*

つつじとぼたんに続いて、今度は藤の花。

Photo
下の方はまだ咲ききってない部分もあったけれど、
上から長く垂れさがって咲く品のよい藤の花が、神社の景色によく似合っていました。

江戸時代から「亀戸の藤」といわれる藤の名所として人びとに愛されてきたこの場所は、江東区亀戸にある亀戸天神社。池にあふれる大量の亀たちも目が離せません。

そのあと、てくてく歩いてスカイツリー見物に行きました。

「スカイツリー、思ってたほど大きくないなぁ」
すでにその姿が見えているスカイツリーに向かって友人が言いました。

「いやいや、それはどうかな(今に見てなさい!)」
と、わたし。

ある角を曲がったところで急に巨大化した(と思わせるくらいの変化を見せた)スカイツリーに、友人が「何これ!!」と、叫びました。「ほらほら、だから言ったじゃない(←自分もついこの間はじめて見たくせにね)」

*

花を求めて一日よく歩きました。歩きながら、ものすごくよくしゃべり、よく笑いました。

高校時代同じクラスになったことがあった彼女とわたし。でも大の仲良しというわけではなく、仲良しグループのうちの一人という感じだった。
彼女がこれほどにもよくしゃべる人だということは、高校時代にはわからなかった。たぶん彼女の方も、わたしがこれほどよくしゃべり、おちゃらけた人だということは知らなかったと思う。

話をする相手によって、会話のテンポや雰囲気は変化する。それは、ふたりの持ち味によって自然に決まる。大勢でする会話ももちろん広がりがあって楽しいけれど、わたしはふたりで話をするのが一番好きだ。その相手としか作り出せない会話の世界に入り込むことができるから。

彼女と一緒にいると必ず、よくおしゃべりする自分が登場するから不思議。

とにかくお互いに負けないくらいにしゃべり、笑った。

さらに、よく笑ってよく歩いたぶん、お昼もたっぷり食べた。

わたしより背丈が6センチ少なく小柄なのに、彼女は実によく食べる。焼き肉やさんで、自分の定食をしっかり完食したうえで、わたしの白飯も半分食べてくれた(だって、普通の定食なのにごはん茶碗がどんぶりサイズだったんだもん)。
さすが、小さな体といえど、学生時代に、プール+長距離+自転車ロードレースをやりきるトライアスロンをやってただけあるなぁ。

心が一気に洗い流されたみたいな。とても楽しい休日になりました。

|
|

« 花めぐりその2*ぼたん* | トップページ | 雨の日のお買いもの »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

きゃあ!同じ日に藤ブログを♪嬉しいです\(*^▽^*)/
花めぐり、素敵な一日ですね!

投稿: くまぼぼ | 2012年5月 4日 (金) 11時27分

あ、ほんとだ! 嬉しいです。
くまぼぼさんとこの藤、とってもきれい~。桃色、かわいい!ずっと眺めていたくなりますね。

投稿: どんぐり | 2012年5月 4日 (金) 18時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1423813/45125179

この記事へのトラックバック一覧です: 花めぐりその3*藤の花*:

« 花めぐりその2*ぼたん* | トップページ | 雨の日のお買いもの »