« 日食 | トップページ | 千果ちゃん »

2012年5月26日 (土)

献血しよう

 女子高生A 「きょう私誕生日、献血しよう」

 女子高生B 「駅前に、献血ルームがあるよ」

 そして二人は、「じゃあ、行こう♪」と言って楽しそうに献血ルームへ向かう。

このフレーズ、岐阜人ならおそらく知らない人はいないでしょう、と言えるほど、昔、岐阜テレビで頻繁に流れていた有名CMです。たぶん、誕生日を迎えて献血できる年齢に達したから、さっそく行こう! ということなのだと思う。

私がはじめて献血にチャレンジしたのは、10年くらい前のことです。しかしそのとき、血圧の値が基準を下回っていたため、献血することは叶いませんでした。

それ以来、献血の看板を発見するたびに、「やってみたいなぁ」とは思うものの、協力できない体なのだからしかたがないと、あきらめていたのでした・・・

が、今日なんと、願いが叶いました。

この10年、血圧の値にはほとんど変動はなかったから、今日もダメだろうな・・・だめでもともと、という気持ちで献血会場へ向かいました(と言っても、今日行ったショッピングセンターの特設会場でたまたま開催されていたので、ショッピングの途中に立ち寄っただけのことなのですが)。

記入用紙に必要事項を記入したあと、個人情報の確認と登録です。

副作用を防ぐため、事前に摂取するスポーツドリンクとドーナツを手渡されました(ドーナツは、直近の食事から時間が経って空腹状態にある人だけ)。順番待ちのあいだに、ごくごく、もぐもぐ。

「献血は初めてですか」と聞かれたので、以前にチャレンジしたが出来なかったことを伝えると、「では、データを検索してみますね」というお返事が。あっという間に、私が10年ほど前に登録したデータが出てきたようです。「以前は岐阜のご住所で登録されていますね」・・・おぉ、その通り! あの時のデータがまさか今日、引っ張りだされてるなんて。ビックリです。

次は、医師の問診と、私にとって難関である血圧測定。

「前回は、血圧が低くて献血できなかったのですね」やさしそうなご年配の先生がゆっくりとおっしゃいました。「ではらく~にして。目をつぶって・・・20秒くらい」

測定終了。ドキドキ・・・結果は?

「はい、今日は大丈夫です。上が90以上なら大丈夫なんですよ」

よかった、ギリギリセーフ。

「あとはもうひとつ、血の濃さを調べますからね」

こちらも、無事クリア! 

こうして私は、生まれて初めて献血をすることができたのでした。

「今日は、最初にお渡ししたスポーツドリンクちょうど1本分くらい(200ml)の血をとりました」

あぁ、そうやって言われると何だかリアル・・・けっこう採られたような、それほどでもないような。

最高血圧90未満のことも多く、体調によってできるときとできないときがあると思うけれど、これからもできる限り、やっていきたいな。

|
|

« 日食 | トップページ | 千果ちゃん »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1423813/45421751

この記事へのトラックバック一覧です: 献血しよう:

« 日食 | トップページ | 千果ちゃん »