« 花めぐりその3*藤の花* | トップページ | 春をあじわう グリーンピースとあさり »

2012年5月 4日 (金)

雨の日のお買いもの

医薬翻訳の勉強に使えそうな本を買い求めるために、医学関係の古書を専門に扱う古書店に行ってみることにした。

まずは、文京区の東京大学付近にあるお店をめざす。

事前にリサーチしておいたから、お目当ての店は3つともすぐに見つかった。でもね、残念ながらどの店もシャッターが下りていたのですよ。そりゃね、ゴールデンウィークだからそんなこともあるだろうと思わなかったわけじゃないけど(でも、ホームページに祝日休みなんて書いてなかったもの)、まあね、問い合わせなどしなかった私がわるいのね。ちょっとがっかりしたけど、医学関係ではない古書店で掘り出し物(文庫1冊ですが)を見つけたからいいもん。

それにしても、赤門付近の通りはいいねえ。うんと背の高い木々がすでにもう大量の葉っぱをつけていてその緑がとても美しかった。古書店は道路はさんで東大とは反対側だったのだけど、ついその美しい木々たちに引き寄せられて、次に気づいたときに私は赤門をくぐっていました。

東京大学医学部の図書館を利用したくて、上野にある方のキャンパスには時々、侵入・・・ではなくて堂々と立ち入らせていただくことがあるのだけど、赤門をくぐるのは初めて。キャンパス内は幾年もの時を経て味わいを増すおもむきのある建物や、それまたうんと背の高い木々に囲まれ、何だかドラマの舞台にいるみたいな感じがしました。
いいなぁ、こんなキャンパスで毎日を過ごせたら。私も、大学は東京大学を選べばよかった・・・(←100回浪人したとしても絶対に合格できません)。

*

気を取りなおして、次に目指したのは神保町の神田古書店街。ここにあるお店なら絶対に営業してるはず。ゴールデンウィークだからこそ、きっと。

予想通り、お目当て2つとも、しっかり営業してくれていた。しかも大勢の客でにぎわっていた。欲しかった辞書も見つかった。最新の版のものを見つけ、やった! と思ったら、新品だった。ひとつ前の版なら、それよりも3,000円安い。でも辞書は絶対に最新のものじゃなくちゃ、と思って店員さんに購入の意思表示をしたら、ここの店ではいつもそうなのか、いまは特別なのかわからないけど、新品なのに10%引きにしてくれた。それでも、さっき買った文庫本の100倍プラス1000円くらいのお値段。

難しい本たちを、いかにも難しい顔をして眺めていたら、結構なぐあいにくたびれてきた。古本屋さんは、新品の書店で本を眺めるよりも余計に気合いが入るのかも。

ちょうど同じビルに児童書の古本屋さんも入っているのでそこにも立ち寄ると、「かえるフェア」なんてものをやっていた。かえるの小物の数々やポストカードが小さなスペースにぎっしり並べられ、とてもユニークだった。かえる好きの友人を連れてきてやりたかった! と、店員さんと話をしていたら、これ毎年やるのでぜひ、とおっしゃっていました。

*

かえるに(まちがえた!)かえりに電気屋さんでパソコンを買った。片方の手にパソコン、もう片方の手にはそのパソコンと同じくらいにずっしりと重い辞書。家の最寄り駅に着いたら雨が降り出し・・・ちょっと大変だったのでした。

明日は晴れますように。

|
|

« 花めぐりその3*藤の花* | トップページ | 春をあじわう グリーンピースとあさり »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1423813/45137084

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日のお買いもの:

« 花めぐりその3*藤の花* | トップページ | 春をあじわう グリーンピースとあさり »