« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

6月のこと

6月が終わる。2012年もちょうど、半分が過ぎようとしているところだ。

1月の初めに、今年はとにかくいつも前向きな気持ちを持っていこう、と決意した。ブログにもできる限り、マイナスな気持ちは書かないぞ、と思っていた。

この6月、更新頻度がちょっとだけ低かったのは、たぶんそのせいもある。何かを書こうとすると、よくない言葉ばかりが出てきそうだったから。

ひとりでいると、どうしても気分が沈んでしまう。自分のこと、自分のこれまでの人生を思いきり否定しようとするほど、落ち込み、後悔のうずに巻き込まれていく。うずまきに入り込んでどこまでも行ってしまうのだ。私がどれだけうずまき好きだとは言っても、逃れられなくなるうずまきはやっぱり困る。

けれど、家でどれほど落ち込もうとも、会社に行っている時や人と会っているときの私は真逆で、いつもにも増してよく笑い、人に話しかけ、めちゃくちゃ元気いっぱいだった。カラ元気? ともいえるのかもしれないけど、実際、とにかく外では何もかも忘れていっぱい笑おうって思っていた。以前は、落ち込み始めるとそれさえも出来なかったけど、いまは、切り替えられるようになった。
一日のなかでそうやって、浮いたり沈んだりと忙しかったけど、そうすることで、徐々にうずまきの奥から這い上がって、新鮮な空気を吸えるようになってきた気がする。

なぜだかひたすら、Superflyの『愛をこめて花束を』ばかり聴いていた。

  何度も間違った道 選び続けて 正しくここに戻ってきたの (歌詞の一部です)

ほんとうに、自分は何度も何度も、間違える。間違えては、大後悔のくりかえし。でも、何度間違えようが、そのたびに自分は、正しいところに戻ってきているはずなのだ・・・と思いたい。
と言いつつ、また間違いをくりかえしてしまうのでしょうけれどね。

--

人に本気で関わろうとすれば、それだけ素敵なことがいっぱいある。だけど、どうしても、それだけじゃすまない。気持ちと気持ちを持ってる、にんげん同士だからねぇ。
関わろうとすれば、するほど。自分の気持ちに正直に、相手にぶつけようとすれば、するほどに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年6月26日 (火)

週のはじまりのお弁当

ミニトマトの千果ちゃんを収穫することができたので、また、お弁当箱のなかに入れて会社につれていきました♪

Photo
豚肉の巻き巻き弁当。

えのきと小ねぎを豚肉で巻き巻きして焼き、酒、みりん、しょうゆで味付けをしました。
あとは、かぼちゃと、千果ちゃん。それから、まったく見えないけど、底とすきまを、キャベツのおかか和えが埋めてくれています。

えのきの豚肉巻き、昔、うちの母がよく作ってくれた記憶があります。料理をあまり好んではしたがらない母だけど、なぜかこの料理はよく作っていました。中身はいつも、決まってえのきオンリーだったのですがね。えのきが大好きだったのか、一番巻きやすいからなのか、中身はいつも変わらず、えのきだけ、だけでした。

今回は、小ねぎを一緒に巻いてみました。えのきと小ねぎの歯ごたえが楽しかったです。

日曜日の夜に準備しておけるので、月曜のお弁当だけは、ほかの平日よりもちょっとだけ手間をかけられる(・・・なんて、手間といってもほ~んのほんの少しだけですがね)。
面倒がらずに、豚肉を巻き終えたあとに小麦粉をまぶして焼いたら、お肉もふんわり仕上がり、たれもよくからんでおいしくできました。

ほんの少しのことで、料理はおいしくなるのだな。
おいしく作りたいっていう気持ちや愛情が、料理をおいしくするのだな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年6月24日 (日)

つぎつぎに!

今日も元気いっぱい。ピカピカの千果ちゃん、

624tomato2
収穫できそうな子を発見~☆

それからね、

624tomato_2
新しい子たちもまたつぎつぎに!
数えてみたら、まだ生まれたてで豆粒くらいしかないおちびちゃんも含めて30人以上もいましたよ。

あぁ、かわいいかわいい~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年6月23日 (土)

めがねウィーク

今週は、めがねウィークでした。

いつもはコンタクトレンズの私が、突然めがねで出勤した月曜日。

「どんぐりさんも、やるの?」

こんなふうに問いかけてくる人がたくさん。

いえ、ちがうんです。それを、やるわけじゃないんです。

*

コンタクトレンズ(2週間の使い捨てレンズを使用しています)を購入するには、必ず眼科での検診が必要です。家でストックしているレンズが残りわずかになったため、ちょうど1週間前の今日、眼科へ行きました。

簡単な検診のあと、先生の診察を受けます。診察はいつも、ほんとうにあっという間。先生が目をさっと観察して「はい、きれいですね。長時間、つけすぎないようにしてくださいね~」で、終了(ほんとうに見ているんだろうか・・・てなくらい速い)。ほんの数十秒って感じです。

ところがね、

ところがですよ。

先週の土曜は、ちがいました。

検査用の装置の向こうから私の左眼を覗き込んでいた先生の動きが、止まりました。

「ん・・・?」

その装置から顔を離した私の両眼を、何やら黄色い液体で染めてから、もう一度観察。

「左眼に、傷があります」

真横に大きく映し出された私の左眼の画像。黒目の真ん中あたりに、白くてこまか~い小さな点がいくつもあるのが見えました。

ひゃぁ~、おそろしい。傷だなんて・・・(めちゃくちゃ落ち込む)。

「コンタクト、長時間、つけないほうがいいんじゃないですか?」

と、先生がおっしゃいました。
(えっと・・・。つけちゃいけないってわけじゃないんだ。つけちゃいけません、とは言わないんだ。何なんだ、この中途半端な感じの警告は。しかも疑問形・・・)

一応、コンタクトはいつも通り、処方された。一緒に、傷を治すためのヒアルロン酸の目薬も処方された。これ以上ひどくなったら、コンタクトは使用できなくなりますよ、という言葉とともに・・・。

*

さっそく、時間短縮作戦をしなきゃなぁ~。

と考えたけれど、自分の目であの傷の様子を見てしまったらやはり怖くて、とてもレンズを入れる気にはなれない。

そこで、時間短縮作戦をやめて、コンタクトの使用、一切禁止! 作戦を実行することに。

というわけで、めがねウィーク開始です。
ものすごく久しぶり(何年ぶり? 何十年ぶり?)のめがね生活。

めがねはあまり似合わないし見にくいので、めがねウィークが始まった当初はイヤだなぁ~と思っていたけれど、意外にも新鮮でメリットもあった。コンタクト装着時の目の渇きや疲れを感じないのです。もう15年くらいコンタクトのお世話になっているから、気づかなかったなぁ。
私は顔のお化粧もあんまり好きじゃないのですが、目もすっぴんが一番ねぇ、なんて思いました。

あ、そうそう。冒頭の、やるの やらないの は何のことかと言うと、いま流行りのレーシックのことです。ほんの数日前に、私の向かいに座っている仕事仲間が手術を終えたばかり。だからみんな、どんぐりもやるんだな、と思ったのでしょう(レーシック手術前の数日間は、めがねで過ごすのが決まりみたいなので)。いつか、挑戦したいなと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年6月18日 (月)

千果ちゃんデビュー

ベランダの千果ちゃんが、ついにデビューを果たしました☆

Photo
舞台は、お弁当箱。

ふたり仲良く、並んでいます。

イタリアンパセリ入りたまごやき(千果ちゃんと同じ、うちのベランダ出身のイタリアンパセリ)。弁当箱が小さいので、ごはんの上に鮭。隙間を埋めてくれてるのは、じゃがいものきんぴら。それから、ブロッコリーさんたちと一緒に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年6月15日 (金)

赤くてまあるい・・・

千果ちゃん。ほら、日に日に・・・

Tomato1
6月13日(水)

Tomato2
6月14日(木)

Tomato3_3
6月15日(金)

ね、ね! うれしい~!

うちの子、もうかわいくてかわいくて・・・。

なんちって、会う人会う人に千果ちゃん自慢をしてしまうわたし。

○●○●○●○

同じく、赤くてまあるい・・・

Photo_2
赤くてまあるいのがたっぷり入ったタルト。

その正体は・・・・・・??

そう! まさに千果ちゃんなので~す!

・・・っちゅうのは冗談で(あ、でも、甘いプチトマトなら、案外いけるかも!)。

赤くてまあるいのは、ダークチェリーcherry

いつか、シフォンケーキと焼き菓子の店をひらくことが夢である私の姉がつくったものです。

姉と私とは離れて暮らしているため、写真だけってのが残念。食べた~い!

チェリーって、なんだかわくわくします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年6月14日 (木)

「私だけのハッピーエンディング」とがんのこと

月に1度ほど、がんについて学ぶセミナーに参加させてもらっています。

NPO法人主催のこちらのセミナー。大腸がん、胃がん、肺がん、乳がん、子宮がん、前立腺がん、膵臓がんなどなど、毎回テーマに沿った内容のお話を聞かせていただいているのですが、先週の土曜日は、ちょっと特別でした。

映画『私だけのハッピー・エンディング』を観て知るがんのこと

というテーマで、映画の上映と、がん体験者の方のトークショー&ミニコンサートが開催されたのです。

仕事にプライベートに忙しい毎日を過ごしていたキャリアウーマン、マーリーはある日、大腸がんであることを知らされます。がんに対する怖さを持ちながらも、根っから明るい性格のマーリーが、最後まで自分らしく生きようとする姿がとても印象的でした。家族や友人、恋人と、ぶつかったり近づいたり、ありのままのかかわりが描かれていました。

映画上映後、若くしてがんにかかった方々のお話を聞くことができました。自分ががんになったときの、まわりの人たちとのかかわりはどうだったのか。自分はどんな心境だったのか。

印象的だったのが、家族がほかのどんなことよりも優先して、自分と一緒にがんと闘ってくれたというお話。一方、友人や知り合いのひとたちの場合には、がんであることを告白したら、ちょっと距離をおかれるようになるなど、反応がさまざまだったのだそうです。

映画にも、そんな場面がありました。マーリーには、まもなく新しい命を誕生させる妊娠中の友人がいたのです。がんが末期であったマーリーは、自分らしく生きる道を選択し、積極的な治療を自らやめていました。新しい命と、死が迫っている命・・・。
マーリーと、その友人と、相手に対してお互いにどんな気持ちだったことでしょう。

*

最後に、若年性がん患者団体「STAND UP!!」の公式ユニット「カラーボール」のミニコンサートがありました。がん経験者のおふたりの、ギターのやさしい音色と透きとおるような歌声にうっとりと聞き入りました。

そして、今回は、セミナーの資料と一緒にこのようなものが配布されました。

Photo

LIVESTRONG――強く生きよう

と刻まれた黄色のリストバント(リブストロングリストバンド)。

プロのサイクリストであるランス・アームストロングが、がん患者の支援(これを購入すると募金になる)のために作成したものだそうです。彼も、がん患者だったのです。

*

現在では、2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで亡くなっているのだそうです。

今回の映画に登場したマーリーは、大腸がんでしたが、女性のがん死の第1位は大腸がんなのだそうです。そして、便を採取するだけでできる便潜血検査をすれば、死亡率は60%も減り、早期に発見されれば、90%は治るのだそうです。

健康診断、しっかり受けて、自分の体をきっちりみてあげてくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年6月10日 (日)

あじさいの咲くころ

いつの間にか、大好きなあじさいの季節になっていた。

ひとり静かに物思いに沈んでいるようにやわらかくしっとりと咲いているのや、雨に打たれながら歌うように楽しげに咲いているのとか、いろいろな表情を見せてくれるあじさいが大好き。

*

ひさしぶりに、先週はちょっと気持ちが沈んでしまうことがあった。

自分がやらかしてしまったことだから、なんとも仕方がないことなのだけど、悩みすぎてご飯が食べられなく、上手に眠れなかったのはほんとうにひさしぶりだ。

あ、でもそれはたった一日だけのこと! 回復はすばやいのよ~!

迷惑をかけちゃった相手に、ひたすらゴメンネを繰り返していたら、当の本人に逆に励まされてしまった。「自分は、後悔する生き方は好きじゃない。だから、あまり悩んでほしくないな」とね。

その言葉が心にしみ込んで、そのまま涙に変わりました。

あじさいの咲くころは、どうも私、涙もろくなるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年6月 2日 (土)

千果ちゃん、どこへ行く

のびるのびる千果ちゃん

Chika

この千果ちゃんの苗を買う時、店員のお姉さんに 「ベランダで育てたいので、あまりに伸びすぎると困っちゃうんですが、どうしたらいいでしょう」 と相談してみたところ、①先っちょを切って成長を止める ②アーチ型にして育てる という2つの方法を教えてくださった。

結局、切ってしまうのはもったいないので、アーチ型がいいんじゃないか、ということになった。

支柱を短くしておいて、ゆるやかなアーチ型になるように仕向けてみる。うん、うまくいきそうな様子・・・かと思いきや。

千果ちゃんは、やっぱり太陽が好きなのですね。

こんなふうに、再び上を向きS字を描きはじめました。

千果ちゃん。どこへ、どこまで行くんかなぁ。

行きたいほうへ、行けるところまで行ってみんしゃい――しばらく見守ってみることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »