« 目標は30,000歩 | トップページ | 復活と決意 »

2012年9月15日 (土)

気を失って、人のあたたかさにふれました

きょう、外出時に気を失って倒れてしまった。

倒れた、と言ってもいすに腰掛けた状態から、なので、頭を打つなど大変なことにはならずにすみました。

++

月に一度くらいの頻度で開催されているNPO法人主催の医療セミナーに、ほぼ毎月参加させていただいている。

きょうのテーマは、「消化管間質腫瘍(GIST)」。

講演を聞いている最中、急に、本当に急に、強いめまいと気持ち悪さに襲われた。机の上に置いてあったタオルハンカチを額に当ててうつむき、なんとかやりすごそうとする。

「大丈夫ですか! 大丈夫ですか!」

次に気づいたときには、私はいすから落ちて床に半分寝転ぶような姿勢になっており、何人かの人に囲まれていた。

いったい自分に何が起こったのか、まったくわからなかった。

額がいやな汗でベトベトに濡れている。手がじんじんしびれている。
「だいじょうぶ・・・です」となんとか声をしぼりだす。

「あちらにソファがありますから、横になりましょう」

両脇を支えられながら立ち上がったが、足がふらつき、とてもひとりじゃ歩けなかった。

ソファに横になり、しばらく休ませてもらった。

「何かご病気をお持ちですか?」「GIST(←今日のテーマの病気。セミナーには、患者さんが参加されることも多い)ですか?」「以前にもこのようなことがありましたか?」「妊娠されていますか?」

医療セミナーということで、医師や看護師の方々がたくさんいらっしゃるのだ。私は安心して目をつぶり、周りの方々のお言葉に甘えて体を休めた。

その間、スタッフの方がずっとそばについていてくださったり、先生が様子を見に来てくださったり、開催施設の方が毛布やあたたかいお茶を持ってきてくださったり。

だいぶ回復し、体を起こしてからも、私が完全に落ち着くまでゆったりと会話をしながら見守っていてくださいました。

ほんとうに、たくさんの方々のあたたかさにふれました。

たとえば家にひとりでいるときにこんな状況に陥ったなら、ひとりで戦うしかないのです。周りに助けてくださる人がいるということが、とてもありがたくてうれしかったです。

少し休んだら手のしびれも気分の悪さもおさまり、いまはもうすっかり回復です!!

|
|

« 目標は30,000歩 | トップページ | 復活と決意 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1423813/47087620

この記事へのトラックバック一覧です: 気を失って、人のあたたかさにふれました:

« 目標は30,000歩 | トップページ | 復活と決意 »