« 記憶 忘れてはいけないこと4 | トップページ | あたためてくれるもの »

2012年10月28日 (日)

この10月から通学も!

私は医薬翻訳者をめざしています。勉強は通信講座がメインです。

私の受講しているその講座はもともと通信しかなかったのですが、今年の4月から通学バージョンが登場しました。春から、通いたくてうずうずしていたのですがいろいろな面で余裕がなく・・・。第2期がちょうど始まったこの秋から、通うことをついに決意したのでした(余裕がないのは変わりませんが、やっぱり行きたいものは、なんとかして行きたい)!

翻訳分野は医薬のみの講座なのですが、講座の内容はとってもユニークなものがいっぱい。

どれもこれも魅力的だけれど、欲張らずに今回はひとつだけにしました。

「冠詞の考え方」というコースです。

10回シリーズ、とにかく冠詞のお話なのです。

私が通信講座を開始してまる3年が経ちました。先生の著書にも冠詞のこと、冠詞と翻訳のことが書かれていて、はじめて読んだときにはこれまで学校で習ってきた常識をくつがえされた! という感覚がありました。そして、翻訳の作業が以前と比べてものすごく楽になり、ますます楽しくもなりました(冠詞についての部分だけでなく、先生の理論すべてから、ですね)。同時に、自分が言語というものに対してどれだけ鈍感だったのかを思い知らされもしました。

何か国語もの言語――冠詞のある言語もない言語も――を知りつくされている先生のお話。とにかく、ことば(どの国の言語も)のおもしろさに驚くことばかりです。もちろん、それを知ってことばに敏感になることができれば、翻訳に生きてくるのはまちがいありません。

あぁ、ことばっておもしろい!

冠詞のひみつ、おもしろい!

数年前に翻訳を勉強したいとはじめて思ったとき、ただ自分が勉強した経験のあった(といっても、義務教育だけですが・・・)言語が英語であっただけの理由で英語の翻訳を選んでしまったのだけど、ほかにもさまざまな国の言語を学んでみたい、学んでみなくてはなといま、思います。

|
|

« 記憶 忘れてはいけないこと4 | トップページ | あたためてくれるもの »

トライアリスト」カテゴリの記事

コメント

「冠詞」専門の講座だなんて面白そうですね。
私も、もっと他の言語を学んで、日本語との比較を楽しんでみたいなぁと思っています。

投稿: スミレレ | 2012年11月 4日 (日) 22時23分

スミレレさん、

はい、冠詞のひみつを知るのはとても面白いです。
いろいろな国の言語にふれるほど、日本語の面白さもさらに発見できるのだろうな~と思います。

投稿: どんぐり | 2012年11月 5日 (月) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1423813/47624215

この記事へのトラックバック一覧です: この10月から通学も!:

« 記憶 忘れてはいけないこと4 | トップページ | あたためてくれるもの »