« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月29日 (土)

日々のあらゆる偶然に感謝

次の一歩をどう踏み出すか。

それによって、その先につくり出される道が大きく変わってくる。

いまこの次の瞬間になにをするのかということはすべて、どんな小さなことでも、自分自身が決めている。自分の選択にかかっている。

次の一歩は右足か左足か、どちらの方向に向かうか、どれくらいの角度で踏み出すか、いつ踏み出すか、足はどれくらい上げて、歩幅はどれくらいで・・・。音を立てないようにしのび足なのか、それとも思いきりどんと踏み鳴らすように踏み出すのか。

もしかしたら自分が足を踏み出そうとする瞬間に、足元に小石が転がってくるかもしれないし、自転車が角を曲がってきてよけなきゃならなくなるかもしれないし、急に雨が降り出したために長靴に履き替えるのかもしれないし、はたまた思いがけず知り合いに出会って立ち止まってしまうのかもしれない。たとえばさらに、その知り合いとおしゃべりをするうちに、自分が考えていたのとは逆方向に足を踏み出してみようという気持ちになることだってある。

そんなこと、自分にもだれにも、わからない。

自分がいまこの場所でこの時間にこうしてブログを書いていることも、これまでの人生もすべて、なにもかも、小さな小さな選択や偶然の偶然が積み重なってきた結果生まれた奇跡、というと言いすぎなのだろうか。

・・・

あの、今年書くブログが今日で最後になると思ったので、美しく締めようと書き始めたのですが、なんだか文章がだらだらとして来てしまいました・・・いけないいけない。

・・・

と、こんなことを考えるのも、今年は上に書いたようなことを感じた出来事がいくつかあったように思うからです。

私はわりと、急に思い立って(後先のこともあまり考えず)勢いで行ってしまうところがあるのだけど(ときどき周りに驚かれる)、あとから考えるとそうやって行動したことが、自分でもびっくりするくらい奇跡的なことにつながっていた、なんてことがある。

それから、周りの人とかかわる中で自分の気持ちが大きく変わり、自分では指一本ふれようともしていなかった扉をノックしてみたり。そして、扉の向こうのすばらしい世界に出会うことができたり(私の心をそんなふうに動かしてくれた人に、心から感謝です)。

さらに(くどいけど)、そこで出会うことのできた扉の向こうの世界の人たちもまた、偶然に偶然が重なって奇跡的にその世界にいたわけで、ほんとうに、なんでもない毎日が奇跡なのだなと感じます。

私がいまここに生きていること、大切なひとたちに囲まれて見守られていること。

あらゆる偶然に、あらゆることに感謝しなくてはと思います。

偶然・・・ではないのかもしれないな。いまここにある日々はぜーんぶ、だれかや世界のあらゆるもの・・・(人間もありんこも草花もお日さまも風も雷も・・・)が決めてきたことなのだから。

そう思うと、じんわりととてもあたたかい気持ちになります。

私の周りにいてくれた人たちのことを思うと、なんだか涙ぐみたくなってしまいます。

2012年、ほんとうに、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年12月28日 (金)

年末の風景

この季節、駅のホームで電車のなかで・・・

帰り道のひとびとの手に長い筒。

それは卒業証書!

ではなくて(それもあるけれど)、来年のカレンダー。

これを見ると、あぁ年末だなぁと思う。

この季節、郵便ポストの入り口のひとつが・・・

「年賀郵便」専用の入り口に変化するのですね。

私は昨日まちがえて、年賀ではない封筒を年賀専用入り口から入れてしまいました(年賀状さえ、まだ投函していないくせに)!
この場合・・・、郵便スタッフさんが間違いを見つけてくれるのだろうか、それとも1月1日以降の配達になるのだろうか、ドキドキ。

この入り口を見ると、あぁ年末だなぁと思う。

ほかにも、スーパーマーケットの商品が一気に正月化したり、行く道にドーンと門松が登場したり、「新年もちつき大会のお知らせ」のポスターが公共施設や街の掲示板に貼られていたり。

あぁ年末だなぁと思わせる風景が街にあふれてくる。

♪ジングルベル ジングルベル♪

ウキウキするような音楽や赤と緑をベースとして洋風にデコレーションされていた街が一気に、

♪もういくつ寝るとお正月~♪

なんてお決まりの正月ソングとともに、一気に華やかな和風の飾りつけに一新され、人々の動きもせわしなく見えてくる。

今日入れて、あと4日寝ると新年。ようやく、新年が来るのだという実感がわいてきた。いや、新年が来るという受け身の姿勢ではなくて、つかまえに行くぐらいの気合いでいきたいものだな。

+++

というわけで、私もちょうど一週間前に、新年の筒を抱えて帰ってきました(気合い十分でしょう!)。

今年もまたちひろ美術館へ行って、いわさきちひろさんのカレンダーを購入してきたのです。

一枚一枚の絵に描かれているやさしくてあたたかい水彩画。それでも、描かれた子どもやおとなの瞳は強く光っている。子どもたちや草花や風景や、あらゆるものを見つめるちひろさんのやさしくて強くて、あたたかいまなざしそのものだ。

大好きなちひろさんと来年もまた一年過ごせると思うととてもうれしい。

+++

年末の風景のなかであと3日、大事に過ごしながら年越しの日を静かに迎えたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年12月25日 (火)

今日はクリスマス

クリスマスを楽しもうと、作ったお料理(今日じゃなくて連休中のお話ですが)。

Photo
チキンのトマト煮&雑穀ごはん

(あぁー。盛り付けと写真撮影、急いだために見た目が美しくないなぁ・・・。だって早く食べたかったんだもの。でも、じーっくりじっく~り煮込んだかいあって味はよかった!)

鶏もも肉たっぷり、じゃがいも、玉ねぎ、えのきだけ、トマト缶、生クリーム、そのほか調味料が入っています。

Photo_2
きのこたっぷり温サラダ。

真ん中の白いのはなぁに??

Photo_4
正解は、ポーチドエッグ。

お料理の最後の最後に作ったポーチドエッグ。
33歳にしてはじめて、ぶっつけ本番で作ったポーチドエッグ。

かなり緊張しましたが、なんとかうまく行きました。よかった~。

よーくかきまぜて、いただきます。

しめじ、エリンギ、まいたけ、ブロッコリー、キャベツ、ベーコン、粉チーズ、そのほか調味料が入っています。

デザートはもちろん手作りケーキ!

・・・と言いたいところですが、お料理で精一杯・・・の私でした。

☆  ☆  ☆

クリスマスの素敵なティータイムを演出してくれたのは、こちら。

Tea

(写真がうまく撮れなくて、すばらしさが伝わりにくくなってしまいましたが)

甘くてとてもよい香りのするフレーバードティーに、クリスマスのお菓子シュトーレン。

連休の初日、久しぶりにお会いした先輩おふたりから思いがけずいただいたプレゼントです。
気持ちのこもった贈り物に心があったか~くなりました。

☆  ☆  ☆

寒さは厳しかったですが、心はほかほか。素敵なクリスマスの休日になりました。

♪サンタが忙しい今夜 みんなにすてきな笑顔積もりますように♪
 (「雪に願いを」槇原敬之)

メリークリスマス!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年12月21日 (金)

今年のゆず

Yuzu
今年のは、ころころ小ぶりなかわいい子たち。
いちばん小さい子は、ピンポン玉くらいの大きさなのです。
濃い緑の大きめの葉っぱをおしゃれに着こなしています。
(ちなみに昨年はこんな子たち)

まいとし冬至が近づくと、仕事仲間のひとりがゆずをわけてくれます。

彼女のおうちにあるゆずの木のゆず。

*  *  *

こんなかわいい子たちと入ったお風呂。

あぁ、いい香り~。

お肌すべすべ。

からだぽかぽか。

心もぽっかぽかになりました☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年12月15日 (土)

冬の星空と12月

冬の星空はきれい。

まいにち、ぐーんと顔を上に向けて星空を見ながら帰る。

ちょうど一週間前にプラネタリウムに行って以来、そこで少しだけ覚えた星を探そうとしているのだけど、見つけることができないでいる(プラネタリウムでは見えても、本物の星空で自分で見つけるのは、たやすいことではないのだ←特に星にくわしくない私ですから)。

確実に見つけることができるのは、オリオン座とカシオペヤ。
(小学生のころから変わってないやんか・・・)

プラネタリウムでは、空にその星座の絵を浮かび上がらせ、それにまつわるお話をたくさん聞きながら星の見つけ方を教わりました。

たとえば、みずがめ座やうお座。
男性が持っているみずがめからこぼれる水を、下のほうにいる魚がごくごく飲んでいたなんてはじめて知った!
みずがめは、Y字型に並ぶ4つの星で、三ツ矢サイダーのマークみたいなんだそうです。

ほかにも、夏の大三角や冬の大三角の仲間みたいな、「秋の四角」と呼ばれるものもあるんだってことも知りました。それ以外にも、素敵な星の話をたくさん聞きました。

柏プラネタリウムは、日本で2番目に小さなプラネタリウム。
ボランティアの方々によって運営されています。
市の図書館内にあり、小さいけれど手作りでとてもアットホームです。

私は2回目の訪問。今回もとっても楽しい時間を過ごすことができました。

今回は、プラネタリウムと音楽のコラボレーションが素敵でした。東京理科大学ハンドベル部の方々の演奏を聴きながら星を眺めることができたのです。

「We wish you a merry christmas」や「星に願いを」「カノン」などなど、やさしいハンドベルの音色が星をいっそうきらきらと輝かせてくれているように思いました。

*  *  *

オリオン座を眺めながら、冬がやって来たなぁ、冬だなぁ・・・と思っていたらあっという間に12月。そして年末。

今月もあと、半分です。

新しい年が近づいていると思うとなんだかわくわくするし、せかせかもどたばたもするけど、それ以上に、ゆったりと過ごしたい気持ちにもなるなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年12月10日 (月)

そしてボウリング本番

ひとつ前の記事で、10年ぶりにボウリングをしたと書きました。

・・・

そして迎えたボウリング大会本番の私の成績はどうだったかと言うと、

★1ゲームめ、68

★2ゲームめ、101

2ゲームめはわれながらよく頑張ったけど(これまでの私の最高得点)、1ゲームめがひどかった。

個人の順位はもちろん、下から数えたほうがうんと早い。

団体の順位は、(1チーム7名、計8チームで競った)私のチームは7位でした。

「どんぐりさん、どうだった?」

ゲームが終わったあと同じチームの上司から尋ねられ、すぐさま

「申し訳ありませんでした」

と謝ったのでした。どう考えても、足をひっぱってしまった私。

さらに、よりによってその日、私のチームで一番の期待の星で人一倍練習に励んでいた女性が体調不良で欠席してしまったのです。ふだんスコア150くらいの彼女ですから、チームにとっては大きな大きなダメージでした(欠席した場合は、自動的にスコアが90となってしまうのです←私の場合だったら、逆に得になるのですが・・・)。

大会後は、表彰式とお食事会です。

団体3位までのチーム員全員と、個人優勝者など計28名に豪華な賞品が授与されました。

「いいな、いいな~」

私の隣で部長がつぶやいています。

そのあとビンゴ大会も実施されました。ここでは、当選者計31名にそれぞれ、デジカメや電動歯ブラシなどの豪華賞品をはじめ手軽にポップコーンが作れちゃう機械やラーメン食べ比べセットなどなど・・・さまざまな景品が手渡されました。

私はと言うと・・・。

ボウリングでも、ビンゴ大会でも何もいただけなかったという・・・(いただけるチャンスは、のべ人数で59名分もあったのに)。

私のように、すべてにおいて何ももらえなかった人(ほんの数名です)には、

Photo
こんなものがいただけました。

Photo_3
卓球のラケットくらいの大きさの巨大なチョコレート(キティちゃんのミニおもちゃつき)。

まあ、なんてすてきなクリスマスプレゼント☆

お隣の部長も私とおんなじ。キティちゃんチョコを受け取っていらっしゃいます。

「いいんだよ、これで。どんぐりさんや俺みたいな人は、陰でね、日が当たらなくたってね・・・。みんなにいいところをもってってもらえたら、それでいいんだよ」

あぁ、そういうことだわ。私たちはそういう存在なんだわ!
陰があるからこそ、光がいっそう輝くのよ☆

(なーんて・・・負け惜しみ。でも、ボウリング大会とお食事会、キティちゃんチョコで、もう十分すぎるくらい十分。楽しい時間でした)

そんなとき。

「ごめんね~、どんぐりさん。これ持って帰って」

幹事さんが、ご自分がみごとに当てて手に入れたビンゴの景品を、私に手渡してくださったのです。
「おれ、お菓子は洋風のものしか食べないから」と。

Rakugan1

Rakugan2_2
その方が当てたのは、「高級和菓子セット」だったのでした。

見ているだけでうっとりするくらいきれいな落雁。
いろとりどりのつぶつぶがぎっしり詰まったおもちゃ箱みたいな飴&こんぺいとうセット。

かわいい! 

やさしいお気遣いに心があたたかくなりました。

* * *

「ほら、だからもっと練習行こうよって言ったでしょう!」

はい、申し訳ありませんでした・・・。

次回はリベンジだ! 同じチームのみなさんと固く誓ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年12月 3日 (月)

10年ぶりに・・・

ボウリングをしました。

今週末、会社でボウリング大会が開催されるため、少しは練習をしておかなくてはと思ったのです。

記憶ではボウリングなんて学生時代にやったっきり。その後、施設に勤めていた時に利用者さんの行事でボウリング場にたびたび行ってはいたけど、職員はたしか投げなかったかな・・・。

ってなわけで、約10年ぶりくらい(それ以上かも)のボウリング。

しかも10年前の私というのも、ものすごーく下手っぴだった。
だから、好んでボウリングをしようとも思わなかった。いまでも、そう。

しか~し、

会社のボウリング大会はほぼ強制・・・なのですって。

しかもチーム制で、優勝チームには豪華賞品がいただけるとあってみなさんとても張り切っている! 会社から徒歩数分(そして大会会場)であるボウリング場に通っては、練習しているみたい。

「さあ、どんぐりさん練習行くよ!」

「うちのチームは、エースのどんぐりさんにかかってるからねぇ」

日々、同じチームの上司から言われ、苦笑い(だから、笑っちゃうくらい下手っぴですってば!)。

なんで私がエースやねん!
(1チーム7人で、キャプテン、副キャプテン、監督、大砲、エース、キーマン、切り札、と役割?が決まっているのだ・・・ただ適当にあてはめられているだけのエースです)

あまりにも下手っぴなので、会社の人々と練習するよりも先に、一度友人に教えてもらおうと、この前の休日ボウリングをしたのでした(前置きが長くなりました)。

さあまずはやってごらんと友人に言われ、自分の思うままに投げてみる。

「・・・」

友人、一瞬、唖然とする。私は、笑ってごまかす。

もちろん、ガター。

友人は、私のただ一投だけで、その投げっぷりだけで相当重症だと判断したらしい。

「いいよ、投げて、投げて」

自分は投げず、自分の番をほとんど私に分けてくれた(やさしい友人・・・でもスパルタ)。

立ち位置、狙う位置、ボウルの持ち方、手の動き足の動き、力の入れ具合。

いろいろと教えてもらって、1ゲームめ、なんとか出したスコアは「52」。

2ゲームめ、「74」。

3ゲームめ、「90」。

すばらしい! われながらなんて成長ぶり。

友人の教え方がよかったんですね、本当にありがとう。
ボウリングが好きで、マイボウル、マイシューズを持ってきながら、自分の番まで私に投げさせてくれ、教えてくれてありがとう。

2ゲームめは、友人の番は友人がぜんぶ投げたら、なんとスコア「197」だったのでした。
さすが、めっちゃすごいです!

教えてもらったことを忘れず、今週末はがんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »