« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月29日 (火)

冠詞に対する思いの変化

現在受講している医薬翻訳の通学講座10回シリーズ、「冠詞の考え方」も先日で7回目となりました。

10回とにかく、冠詞の勉強をします。

英語の冠詞といえば、a とthe です。
日本語には冠詞は、ありません。
そのほかの言語についても、冠詞のあるものとないものがあります。

7回目の授業を終えたいまの時点で、冠詞の捉え方や冠詞に対する思いが以前とくらべて大きく変化していることが自分でもよくわかります。

さまざまな言語について、

ただ単に、

冠詞があるか、ないか

ということではないのだな。

どの言語にも、「(たとえば英語でいう)冠詞が果たすべき役割」のようなものは必ずある。

英語では、たまたまそれをa とthe または無冠詞というかたちで表しただけなのだ。
日本語なら助詞などがその代わりとなるし、ほかにも語尾の変化や語順、さらに(なんと)音の変化によってもそのような役割を果たしてしまう言語だってあるらしい。

世界に存在する言語の数だけ、方法があるのでしょう。

英語の場合、中学1年の授業の最初の時点で

a=ひとつの、the =その(既出のもの) 

という図式が頭にこびりついていて、ずっと消えることがなかった。

とるにたらない存在のようなふりをして実は大変に悩まされる存在であった冠詞。
学校の授業で英作文なんてものがあると必ず、冠詞でつまずく。

そんな厄介者の(←冠詞さん、ごめんなさい)冠詞が、「冠詞の考え方」講座の回を重ねるごとに、なんだかとてもたのもしいような、そばにいてほしいような気さえしてくるようになったのだから不思議です。

そんなことを考えていたら、頭にホットケーキ作りの行程が浮かんできた。

小麦粉、卵、牛乳、砂糖にバター、バニラエッセンス・・・。

各材料(たとえば英語なら、名詞、動詞、形容詞、冠詞など・・・)はもともと独立したものだけど、それがひとつのボウルに入れられて、次第にひとまとまりのタネになっていく。

ほかの仲間とくっついたり、それ自体かたちを変えたりしながら、うまく混ぜ合わさっていくのだ。互いに隙間を埋めるように。自分以外のものに働きかけ、相手が持っていないものを与えたり受け取ったり。
どう混ざり合うかは、それぞれの材料が持つ性質や、それが机の上に準備された時点で果たしている役割によって決まる。

そうやってなめらかになったタネがフライパンに流し込まれて上手に焼かれれば、最後にふっくらとおいしいホットケーキ(文章)が出来上がる。

ホットケーキがおいしくなるかどうかはもちろん、調理する人(文章を書く人)の腕にかかっている。

材料同士がうまく絡み合わなくて、「ダマ」ができちゃったりなんかしたら、おいしくないぞ(文章がごつごつ、くっつくべきでないもの同士がくっついちゃったりしたら・・・まずくて食べられません)。

さまざまな国の言語の例を交えながら、あらゆる英単語についての説明が可能となる共通の法則を見つけ出し、それを私たちに惜しみなく分け与えてくださる先生のお話。「ことばってなんておもしろいんだろう」と、毎回たくさんのお土産を手に感動しながら家に帰ります。冠詞からはじまり、ことばの仕組みのいろいろまで世界はどんどん広がります。もちろん、冠詞のひみつを知り、得られた知識を自分自身で活用することができれば、翻訳にぐーんと生きてくることは間違いありません。

私の受講している医薬翻訳講座(通信と通学)は、トライアリストという講座です。

語りだすと熱くなって止まらなくなるので・・・またの機会にしますが、最後にひとつだけ。

○●○●○

Soho
届きました! できたてほやほやの本です。とってもうれしい~!!

『SOHO翻訳者の仕事部屋』 まな!著/トライアリスト東京

これは、トライアリスト受講生である私の大先輩である「まな!」さんの著書です。

○●○●○

後日あらためて、紹介させていただきたいと思います。わくわく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年1月19日 (土)

はじまりの日に。

Photo
ブルーベリーがいっぱい!

Photo_2
下の部分は、ブルーベリー入りのタルト生地。
上は、クリームチーズのクリームです。

とっても素敵なブルーベリーのタルト。

きのう、私の誕生日祝いにと(誕生日はきのうではないのだけど)、仕事仲間が作ってきてくれたのでした。手作りのケーキなんて、もう本当に、感激です!

そのほか、ことばや贈り物や、いろいろなかたちでお祝いしてくれた友人、家族にありがとう。こんなに小さなどんぐりの私の誕生日を覚えていてくれる人たちがいること、ほんとうにうれしく思います。

34回目の誕生日を迎えられたということは、あたりまえだけどこの33年間、一日も欠かすことなく生きてきたということなのだな。一日だって、一分だって、一秒だって途切れてはいけなかったんだ。

笑ったり泣いたり怒ったり、おなかが痛くなったり転んだり熱を出したり、入学したり卒業したり初めて給料をもらったり、初恋したり失恋したり(そろそろくどいですね・・・)、喜びあり絶望あり、いろいろな日があったけど、どれもみんな大切で自分にとってなくてはならない日々だったんだ。「入学式」とか「成人式」とか今日みたいな「誕生日」とか、ところどころに「大事」に見える日があったけど、実はこれまで生きてきたどの日を取り出したとしても、どれもこれも全部、きっと同じくらい大切な日なのだよね。

33年間のそんな一日一日が、いまの自分、すみからすみまでまるごと全部をつくってくれたのだ。

自分のことが大嫌いで否定ばかりしていたこともあった。それまでの自分の歴史をくしゃくしゃにまるめて捨てて、やり直したいと思うことも多々あった。

でも、バカなこと言っちゃいけない。

そんなの、自分に対して、何より自分の周りにいてくれた人たちに、ものすごく失礼だ。

日々を、私の一日一日を満たしてくれるすべてを愛そう。そして、自分を愛しつくそう。

毎日が、はじまりの日。

34歳の365日、大事に生きていきたいと思う。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2013年1月14日 (月)

私のビジョンボード

きのうの記事のつづきで・・・

Photo
姉のまねっこをして、私もビジョンボードをつくりました!

家にあったいろいろな紙の切れ端やらシールやらを集めて、好きなように貼り付けたらこんなふうになりました。

部屋は3つ。

目標!! ☆達成するためにやるべきこと☆
ここには、実現したい目標と、そのための具体的な行動を書きます。
たとえば、「通信講座 2013年6月までに○級になる!」「11月分の課題の復習」など。

行きたいセミナー、講座など
ここには、行きたいセミナーや公開講座などを書きます。
(数日前に新聞で、「ああ、これ行きたい!」という免疫関係の話が聞けるセミナーを見つけたのだけどメモするのをすっかり忘れていて、今日の資源ゴミでその新聞を捨ててしまったという・・・。そんなことのないように、これからはビジョンボードにしっかり貼り付けよう!)

本、新聞、辞書
ここには、購入したい本や辞書、読みたい本(購入したけど積んだままになっている本)などを書きます。

このビジョンボードを使っているうちに、この3つの部屋は変わってくるかもしれない。
使いやすく作り変えていくのも楽しみだな。

きょうの時点でまず思いつくものをぺたぺた、貼ってみました。

楽しみながら、がんばるぞ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年1月13日 (日)

ビジョンボードを作ろう

きのう話題にした野菜の甘いスープ。

Goma
わたしの姉、作です。

基本のスープに、豆乳とみそを加えたとのこと。

右側にあるのが、これも姉手作りの黒ごまマフィン(おや?右側が少しだけ欠けているような・・・ひとくち、かじった?)

いつか、「体にやさしいシフォンケーキと焼き菓子のお店」を出すことを目標にしている私の姉。

いまは、シフォンケーキ以外の焼き菓子(クッキー、スコーン、マフィンなど)の開発にせっせと取り組んでいるようです。

Photo
年末年始、私が実家にいるときに焼いてくれたクッキー。
チョコクッキーに見えるけど、そうではなくて健康食品のキャロブ(マメ科の植物)を使用したクッキーです。栗の抜型を持っていないために、ハート型で抜いたあと自分で形を整えたのだそう。白い部分は、けしの実です。

Photo_2
白クッキー。年始バージョン(?)

これはねー、何でなのか忘れちゃったけど、すごーくサクサクなのだ!
甘いものがそれほど得意でない父が、どんどん食べていましたよ。

とにかく、あっという間に作ってしまう姉の仕事ぶりにはいつも、驚かされます。

実家に帰ったら、部屋の壁に、こんなものを発見!

Photo_3
「ビジョンボード」

「作りたいお菓子」コーナーと、

Photo_20
「目標達成」コーナーと、

Photo_19
「行きたいところ やりたい事」コーナー。

その下には、本を読んで自分の心に響いた言葉をメモしたものなのでしょう、付箋がいくつか貼ってありました。

思いついたらすぐに付箋に書いて貼り、達成したらはがす。

これ、いいじゃん!!

年末年始の帰省中、私も「医薬翻訳者になるためのビジョンボード」を作ろうと決め、都会にまた戻ってきたのでした。姉と一緒に、がんばろう。

よーし、あした、作ろう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年1月12日 (土)

マクロビおにぎりカフェ

年末年始の寄生虫、ではなくて規制中、でもなくて(くどい!今度こそ)、帰省中。

姉がカフェに連れて行ってくれました。

おにぎりがおいしいカフェです。私の大好きなおにぎりー!!

Photo
雑穀米入りおにぎり。どちらも、うめぼしが入っていました。

これがほんとうに、ものすごくおいしいのです!
小ぶりに見えるけれど厚みがあるので2個食べたらじゅうぶん、おなかいっぱい。
にぎりたてでまだあたたかく、やわらかくて(でも決してくずれない)、にぎった人の気持ちが伝わってくるようでした(ほんとうに!)。心と体のすみずみまで元気なれるおにぎりです。

お隣にあるのは素朴でやさしい味のするたまごポテトサラダとお漬物。

Photo_2
えらべる飲み物。
私は、「肩こりでつらいあなたに」というハーブティー(だってそのとき肩こりでほんとうにつらかったから)。
老廃物を出し血行をよくする効果があるそうです。
ジュニパーベリー、ローズマリー、ローマンカモミール、タイム が入っています。

さわやかで飲みやすく、体も心もほかほかになりました。

Photo_4
こちらは、姉の「スパイスティー」。
カルダモン、グローブ、シナモン、ジンジャー が入っています。

店内では自然食品も販売されていました。「心と体にやさしいお店」なのです。

姉は少し前から、体にやさしい食事について考えるようになり、そのような食事やお菓子づくりを実践しているようです。毎月、マクロビオティックの料理教室に通っているとのこと。

それがとても楽しいらしく、聞けば話が止まらなくなります。

ひとつ、おすすめを教えてくれました。

それは、野菜の甘いスープ。

お鍋に、7センチ角に切った玉ねぎ、キャベツ、かぼちゃ、にんじんをこの順に重ねて入れて行き、塩をふり水を入れて30分くらい煮るだけ(そのあと、豆乳を入れてもいいらしい)。
野菜の順番にも、ちゃんと意味があるんだって。

さっそく作ってみた!

Photo_5
ほんとう、野菜の甘みがぎゅーっとつまっているよ。やさしいやさしいお味。

姉は、これを休日につくり、毎日のお弁当にもっていくのだそうです。

これを飲み始めてからなんと、甘いお菓子をほとんど食べなくなったとか。チョコも市販のお菓子も、食べたいと思わなくなったんだって! すごいぞ、マクロビスープ。

もちろん、具を一緒に食べてもいい。

Photo_6
家にツナ缶と、開封してなかなか使わなかったマカロニがあったからスープパスタ風にしてみました。

でもね、姉にこれを報告したら、

「ツナは動物だから、これはマクロビじゃないねぇ(でもおいしそう)。ゆるマクロビだ」

と言われちゃいました。そうか、まったく考えていなかったよ!

体と心にしみわたった年末のおにぎりの味・・・忘れられないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年1月 7日 (月)

あけましておめでとうございます

「今年一年お世話になりました。来年もまたよろしくお願いします」

昨年の仕事最終日。こんなふうにお別れした同じ人たちに、

「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします」

新年初出勤日のきょう、同じようにあいさつをする。

新しい年を迎えてまた同じように、同じ顔にこうして出会うことができて、心の底からほっとするような気持ちになった。

昨年お別れしたときと今日とはただ何気ない日々の連続であるだけで特別なことは何もないけれど、ひとつ年をまたいで迎えた今日の空気はやはり、ちょっとだけ特別な気もする。

遅くなりましたが、きょうが今年のブログはじめです。

どんぐりみたいに小さな喜びも悲しみもぜんぶぜんぶ大事にして、今年もまたここに綴っていけたらいいなと思っています。

ときには高い木の上で、ときには湿った落ち葉に埋もれながら、地面をころころとどこまでも転がりながら、どんぐりみたいにちっぽけな私は今年も、ときには大きく、ときには小さく息をしながら、静かに生きていきたいと思います。

泣き虫の私は今年もずいぶん泣くでしょうし、それ以上に笑うでしょう。もちろん、ときには怒ることもあるし、くやしさを味わうこともあるだろうな。

泣いても笑っても、悲しい気持ちでも嬉しい気持ちでも、毎日、空を見上げることは忘れない。そして必ず、家族や友人や、大好きな人たちが今日も、笑顔でありますようにと願うのだ。

空はつながっている。遠く離れていたって、同じ空を見ているのだよね。

そう思うと、どんなときでも笑顔になってがんばれるよ。

ちっぽけなどんぐりの私ですが、今年もよろしくお願いいたします!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »