« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

~翻訳学習のなかで~学習を続けていられるひみつ(前回のつづき)

こちらの記事のつづきです)

私を驚かせたその3人の友人たちも含め、1年間の講座の途中や、それを修了した時点ですでに多数のクラスメイトたちが翻訳から離れていきました。

友人たちの「一緒に頑張ろうね」は、いつの間にか「どんぐりちゃんなら絶対翻訳者になれる。頑張って、応援してる!」に変わっていったのです。

そのことばは、なんとも複雑に私の心に響きました。

クラスメイトたちがこうやって翻訳から離れていくことが、当時はとてもくやしくて残念でなりませんでした。そんな簡単にやめてしまっていいの? 翻訳者になりたいって思いは、それだけのものだったの?

・・・でも、人それぞれ、ですからね。

翻訳者を志して同じ場所に集まったことには変わりないけど、翻訳に対する情熱の大きさはそれぞれだし、実際にやってみないと合う合わないってわからないことだから。

翻訳にかける思いが強すぎて、自分の基準で人をみてしまっていました・・・反省。でもね。これからも共に学び合いたいと思っていた翻訳仲間を失うことが、とてもさみしかったのですよ。

「翻訳にかける思いが強すぎる」と書きましたが、この6年ずっと全力疾走し続けることができたかというと、正直言って、できてはいません(・・・ものすごく勢いがあった時期と、いろいろあって、毎日ほんのわずかしか学習時間がとれなかった時期と・・・極端だったのでした)。

でも、翻訳に対する情熱の大きさはずっと変わりません。

私がこうして学習を継続していられる(勢いは強まったり弱まったりだけど)ひみつ(←というほど大げさなものではないですが・・・)はいくつもありますが、そのひとつに、

学習開始時点で、一番の原点となる「翻訳とは何か」ということ、翻訳の仕事はどんなものかということを、自分なりに確認したことがあるのではないかなと思います。

(前回の記事の「翻訳に関する本を数冊読み、よしやってやろうじゃないかと覚悟を決めた」という部分です)

運良く(?)翻訳のとても厳しい部分や大変な部分がありのままに綴られた本に出会うことができたのは、いまとなっては本当にありがたかったと思います。見上げても見上げても、その時点では頂上が見えないとてつもなく高い山を登るための心構えを、学習を始める前に持つことができたから。

何より、本を読んで得られる学びはとても大きい。本物の翻訳者(著者)からじかに語られることば。それが厳しいものであればあるほど逆に、私のような学習者に対して真剣に語りかけてくださっているようなあたたかさを感じます。そして、そういうものはずっと学習の支えになっています。

だからなのだな、きっと。翻訳を続けていられる理由・・・たくさんあるけど、そのうちのひとつは、学習開始前に本を読み翻訳を知っておいたこと(といっても、ほんの入り口のわずかなことだけ、ですが)。

+++++

ここまで書いてきて、ふと気づく。

いかにも私は特別なことをしました!という感じに書いてしまいましたが、でもこれって当たり前のことですよね。やりたい職業なら、事前にその職業について研究するし、自然と知りたくなるはずです。

だから、広く浅く1年間、ほんのちょこっとの学習だけで翻訳の仕事ができると考えていた友人たちのことを、私は不思議に思わずにはいられなかったのです。

えらそうな言い方ですが(すみません・・・こんな小さな未熟者どんぐりの私なのに)、友人たちに、まだ学習を開始していない時点で本を読ませてあげたかった。そうしたら、気持ちが少し違っていたかなぁ・・・なんて。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年2月24日 (日)

冬の終わりに・・・

少しずつ春が近づいているとはいえ、今日も全国的に凍える寒さですね。みなさま、体調など崩されていませんか?

寒さの厳しいこの冬、私の職場でも体調不良が原因でお休みされる人々が続出。

私の部署では7名中5名がこの冬、インフルエンザやら胃腸炎やら、何らかの体調不良でお休みをされました。ずっと元気いっぱいでお休みをしなかったのは、私と、私の隣の若者男子だけ。

病気になんて、かかるもんか!

気合いで乗り切って、春を迎えようとしていた私ですが・・・

今週末、少しだけ体調を崩してしまったのでした(会社はお休みしていないのですが)。

金曜の夜、夕飯を終えてもう寝るだけだというときに、おなかの具合が悪くなり・・・。
まあ、ちょっとしたことだろうと思っていたら、あらあら・・・何だか悪化して・・・。

もしかして、この冬猛威をふるった胃腸炎をひきおこすあのウイルスが、ついに来てしまったのだろうか。いやだー! それは避けたいよぅ。その経験者から、相当大変だということは聞いている。

それとも、風邪かインフルエンザ?・・・その可能性も否定できない。
でも、熱を測ったらまったくの平熱。節々の痛みもない。大丈夫そう。

どうか、この不調よ、おさまって!

願いが通じたのか、ひとまずは落ち着いた。ひとり暮らしの夜の病、心細くていろいろ不安になってしまうのだけど、こうなったらもう寝てしまえ!と床につく。

迎えた土曜日の朝。

あぁ、よかった。ぐっすり眠れた。元気になったみたい。

ただ・・・食欲がない。食べようという気持ちがおきない。

こんなの久しぶりだ。

それでも、朝食にバナナとゼリードリンクを摂取。昼と夜には、おかゆを茶碗半分、なんとか食べてはみるのだけど、少し食べると何だかもやもやする感じ。

体は、元気なんですけどね、やっぱり胃腸がなんとなく不安がってるみたい。

そして今日、日曜日。

今日は翻訳講座がある。胃腸が不安がっている感じで外出するのは不安だし、授業に集中できないのも先生やみなさまに申し訳ないので、出席するかどうか、直前まで様子を見ることにする。

どうやら、大丈夫そう♪

食事は相変わらず、おかゆを茶碗半分にゼリードリンク(しか体が受け付けない)だけど。

そうしたら、授業中におなかがギュルギュルと元気におしゃべりし始めてしまいまして・・・(このギュルギュルは、おなかすいたよ、ごはんほしいよの合図)。

少しずつ、胃腸も元気になってきたみたい。

今日もたっぷり、睡眠をとることにします。

徐々に、いつものようにモリモリ食べられるようになりたいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年2月18日 (月)

~翻訳学習のなかで~驚いたこと 

私は現在、トライアリストという翻訳講座を受講し、医薬翻訳の勉強をしています。

でも最初から、医薬分野に絞っていたわけではありません。

一番初めは、さまざまな翻訳(出版・実務・映像など)を総合的に学ぶ全日制の翻訳学校に一年間、通っていました。

その後も2年間くらい、分野を定めず(なかなか決められず)あれこれと手をつけ、そうしてようやく2009年の秋、医薬分野一本でいくことに決めたのです。

その一番初め、翻訳学校の1年間のコースを修了したとき、ものすごく驚いたことがあります。

1年間、一緒に勉強をしてきた仲間がこんなことを言ったのです。

「1年間やってきたんだから、何かしら、翻訳の仕事ができると思ってたのに・・・(なぜできないんだ、なぜ学校はそういう仕事を紹介してくれないんだ、という話がその後つづきます)」

特に仲良くしてくれた3人の友人。そのうちの1人のこの発言に対し、残りの2人も「うん、ほんと、そうだよね。まさか、何もできないとは思わなかったよね~」と大きくうなずいたのです。

私は驚きのあまり、しばらく言葉が出ませんでした。

やっとのことで、

「私はまるっきり、そんなふうに思ってなかったけど・・・」

と、絞り出すように言いました。

たった1年、しかも、いろいろな種類の翻訳をほんの、ほーんの端っこだけ少しずつ触れた程度の勉強しかしていなのに、まさかそれで仕事につながるなんて、あるわけないやんかーーー!!!(もともとスペシャルな知識や技術のある人などだったら、可能性はあるかもしれませんが)

翻訳に対する考え方が、私と彼女たちとではまるで違っていたみたい・・・。

本当に、びっくりしました。

私が具体的に翻訳の勉強を始めるきっかけとなったのは、『あなたも出版翻訳家になれる』というまさに夢のような題名の雑誌に出会ったことでした。

でもだからといってすぐに、「私もなれる♪」なんてウキウキわくわくした気持ちで勉強を開始したわけではありません。

職業として翻訳をしていくこととはどういうことか、翻訳とは何か。
翻訳に関する書籍を数冊読んだうえで、「よし、やってやろうじゃないか」と覚悟を決め、上京して翻訳学習に打ち込むことに決めたのです。

翻訳の世界は、そうとう厳しい世界であるようでした。
当時は会社員をしていましたが、会社組織に守られているほうがどれだけ安心だろうかと思ったし、なにしろ翻訳者として一人前になるまでには、並大抵の努力じゃ全然ダメ。2,3年は収入がなくても生活できるくらいの蓄えをあらかじめ用意しておくべき、なんてこともたしか本に書いてあった気がします。

でももしかしたら、だからこそ、燃えたのかもしれません。
周りには「10年計画で行ってくるね~」と、1人、田舎を飛び出してきたのでした。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年2月17日 (日)

つぼみ

今日、沈丁花のつぼみを見つけた。

濃い赤紫色のつんつん頭。

もうしばらくしたら、あの甘くてやさしい香りが漂い始めるのね、ウキウキ。

こんなふうに、道端でちょこちょこ顔を出し始める春を見つけるのが、いま、これからの時期の楽しみなのだな♪

*  *  *

この数日間のうちに、友人たちが嬉しい報告をくれた。

2人目の子どもが無事生まれたよ!

4月に結婚することになったよ!

わぁ、おめでとう~!!

報告を聞いたとき、目の前が一気に桜色に染まるような感じがしました。

生まれたての小さなつぼみ。大きく大きく咲きますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年2月14日 (木)

素敵なごちそう、素敵な休日。

3連休の最終日。

友人のお宅で素敵な時間を過ごしました。

その日のお昼過ぎ。待ち合わせの駅で、友人と友人のご主人とその愛犬に迎えられ、ご自宅に向かいます。

のびのびと枝や葉を伸ばす観葉植物たち。ヒヤシンス、シクラメン。たっぷりと水の入った大きなガラスの花瓶には、いい香りを放つ見事なユリの花。

何もかもが素敵なそんなお部屋で、おいしい紅茶とケーキをいただきながらいろいろとおしゃべり。優雅で楽しい午後のひとときです。

夕方からは、キッチンで夕食の支度をする彼女とカウンター越しにおしゃべり。
なんだか自分が、母親のそばから離れない幼い子どものようだなと感じてしまいました。

そして・・・。そう、夕食には彼女の手料理をごちそうになりました!

とてもとても、素敵な食卓でした。

お皿の上の食べ物たちが、キラキラと輝いているのです(ほんとうに!)。
彼女に料理してもらって、何だかすごくうれしそう。
「さあ、召し上がれ! たくさん食べて、元気を出して!」食べ物が、そんなふうに語りかけてくれているかのようなのです。

彼女がとびきりのお料理上手だということは知っていたけど、おいしさはもちろん、それ以上に何か素晴らしいものを感じさせてくれるものでした。

料理ってほんとうに、作る人の人柄があふれ出るものなのだな~。

小ぶりできれいなガラスの器には、タコと三つ葉のごまマヨネーズ和え。

焼き野菜のマリネ(・・・といえばいいのかな?サラダかな?)。歯ごたえがうれしい大きなカリフラワーに、赤と黄の甘みたっぷりのパプリカ、それからころころかわいらしい芽キャベツ。彩り鮮やかでおしゃれなひと皿です。シンプルなお料理に見えたけど、本当に野菜が生き生き!その野菜の良いところがぐーんと引き出されているようで、感動するおいしさでした。

そして、メインは鶏つみれ鍋。

花型のかわいらしい人参、スラリと美しい斜め切りにされた長ねぎ、まんまるでぷっくりとした大きな椎茸に・・・大皿に盛りつけられたたくさんの野菜たちが、にぎやかにおしゃべりしているように見えました。

やわらかな鶏のつみれはとてもやさしい味がします。

最後にお雑炊をいただき、身体も心もぽかぽかになりました。

あたたかい気持ちにさせてくれる彼女のお料理。

何より、やさしい彼女&彼女のご主人と一緒にいただいたからいっそう、そう感じることができたのだと思います。

ときどきお話を伺うことはあったけど、ご主人と愛犬くんにお会いするのはその日が初めて。なのに、なぜだかすぐに打ち解けてしまいました(ふだん、初対面の人とお話するのはずいぶん緊張する私なのに!)。

愛犬くんがおびえるほどの夫婦げんかもするのよと彼女は言っていましたが、本当に、やさしさやあたたかさで結ばれているような、私のあこがれのとっても素敵なご夫婦です。私がいつか、もしも結婚するようなことがあったら、こんなふうになりたいな~なんて。

素敵な一日に、彼女と彼女のご主人さま、とってもかわいい愛犬君に大感謝。ありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年2月 6日 (水)

立春と雪

一昨日は「立春」、今日は雪。

「立春」、きれいなことばだなぁ。春が立つ。

地面のなかから顔を出した草木の芽はゆっくりと身を起こして立ち上がり、

咲き始めた花からは、春の香りが立ちのぼる。

新しい季節、人は新たな場所へと発っていく。

「立つ」ってことばには何だか強い意志を感じるな。

「立春」と聞くと、春が近づいたことを知って嬉しくなると同時に、自然と背筋がしゃんと伸びる。

梅の季節。

ぶぁーっと勢いよく大勢で咲き、景色をピンク色に染めてくれる桜ももちろん好きだけど、ぽつりぽつりと静かに数を増やしていく梅の木はもっと好き。

桜が

「春ですよー! ほら、さあみんな! 春がやって来ましたよー!!」だとすれば、

梅は、

「は ・ る ・  が  ま も な く ・ ・ ・  や  っ  て  き  ま  す  よ 」

って感じでしょうか。

それでも、冬だってまだまだ負けちゃいない、負けるもんかって、今日は雪が降りました。

これから先は、ぽかぽかと冷え冷えをくりかえしながら春が少しずつ厚手の服を脱いでいく。冬のお布団から這い出してゆっくりと身を起こし、立ち上がってくれる日が待ち遠しい!

(といいつつ、冬が去っていくのもちょっぴりさみしい)

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2013年2月 3日 (日)

『SOHO翻訳者の仕事部屋』を読んで

ひとつ前の記事で、表紙だけを紹介させていただいた『SOHO翻訳者の仕事部屋』(まな!著/トライアリスト東京)。

まな!さんは、私が受講している医薬翻訳講座「トライアリスト」の大先輩です。

文系出身、専門知識ゼロのまな!さんがトライアリストで学習し医薬翻訳者になるまでの道のりから、在宅翻訳者の仕事の実情、翻訳業界・翻訳会社事情(裏事情?)まで、興味深くて役立つことや、とても大切なことがこの一冊にぎっしり詰まっています。

Soho2
読み始めたらほんとうに止まらないよ! 一気に読んでしまいました。

会社帰りの電車のなかでそれを読み終えた私は、電車を降りてから家まで20分歩くにも、何だか興奮して走り出したくなるような気持ちになりました。

一度読み終え、もう一度読み返しているいまでもやはり、翻訳に対するさまざまな感情が心の底からわき起こってきて、それをここに感想としてうまくまとめることができそうにないのですが・・・少し、書いてみようと思います。

この本は、まな!さんのブログ『SOHO翻訳者の仕事部屋』を書籍化したものです。トライアリストに入会し学習を開始したころから私はこのブログをたびたび訪問し、記事を何度も読み返していました。

そのときは、まな!さんのブログのことを、(トライアリストのこと、辞書のこと、学習方法のこと、仕事とお金のこと、翻訳に対する考え方など)、「具体的に」自分にとって有益な情報がいっぱいで、学習を続けていくうえでの力強い味方のような存在だと思っていました。

ところが、1冊の本として今回読ませていただいたところ、ブログで興味のある記事を見つけては飛び飛びに読んでいたときにははっきりとは見えなかった(私が鈍感だから、ですが)あるひとつの大切なものを発見することができたのです。

それは、この本の最初から最後まで、すみからすみまでに貫き通されているまな!さんの「とてつもなく強くて頑丈な一本の筋(←私が感じたままを表現すると、です)」でした。どんなことが起こったって、少しもゆらぐことなく、ましてや切れることなんて決してありえないものです。

それはたとえば、翻訳の品質に対する責任感とか、翻訳に対する考え方や情熱だとか、そういうことだけに関わるものではありません。もっともっと広い・・・、

「翻訳者として生きていくこと、まるごと」です。

ある理由から、収入の多くの部分を占めるほどおつきあいのあった大手翻訳会社との縁を自ら切ったというまな!さんのエピソードが書かれていましたが、このようなエピソードも含めて、「翻訳会社 対 個人」のやりとりのなかで起こるさまざまな問題に対し、まな!さんのように筋を通して仕事をすることは、ちょっとやそっとでできることではないと思います。

自分がそのような状況に陥った場合を考えてみても(仕事をしていると仮定して、です)・・・。
まな!さんのような行動に出る勇気があるのかと、いまの自分の胸に聞いてみたところ、「正直言ってそのような勇気はないかもしれないなぁ・・・」と、私の胸は小さな声で何とも自信なさげに答えました。

そう、いまの時点では、自分に自信がないんですね。そこまで言い切れないんです。

でも、思います。いまはまったく仕事をできるレベルにはない私だけど、いつか仕事ができるようなときが来るまでには、筋だか骨だか幹だかはわからないけれど、頭のてっぺんから足の先まで、その何者かを一本、貫き通してみせようと思います。そういうものが確立していないうちは、まだ自ら仕事を求めてはいけないのだと思います。

それだけの実力と自信をつけるということ。翻訳の品質についてはもちろん、個人事業主として生きていくことについても。

それは、翻訳者として、人とやりとりをしながら「自分が」気持ちよく仕事をしていくためであるという以上に、人や社会に迷惑をかけないために最低限必要なことなのだと思いました。

ご自身のエピソードをあるがままに淡々と綴られているまな!さんの語りは一見、厳しいようにも受け止められそうですが、私にはそうではなくてその真逆、とてもあたたかいものに満たされているように感じました。

私のように翻訳者をめざして学習されている人をはじめ翻訳にかかわる仕事をされているあらゆる方々にぜひ、読んでほしい。じゃなくてほんとうは、翻訳者にかぎらず世の中で働くあらゆる人が読んでもいい、読んでほしいと強く思います。

トライアルに関することでは例えば、「トライアルに落ちないコツとは」「合格率1%~2%の超難関?」「本当に『合格=受注ではない』のか」などについて書かれていますが、その答えを知ると、なるほどそういうことだったのかと深く納得でき、翻訳を仕事にするまでの自分の姿勢や取り組み方がまた変わってきます。

少しでも気になられた方、読んでみたいと思われた方はぜひ!こちらをご覧ください。

まな!さん、ほんとうにありがとうございました!

この本を読ませていただき、まだまだあふれ出る感情はいっぱいなのです。
今日はこの辺でせき止めておきますが、翻訳に関することをまた少しずつ、書いていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »