« 2013年2月 | トップページ

2013年3月

2013年3月17日 (日)

引っ越します

海外に。

というのは冗談でして、このブログのお引っ越しです。

引っ越すといっても、このブログの荷物(これまで書いてきた記事)は持っていきません。
新しい家で、新しい日々をまた積み重ねていくことにします。

2010年10月16日にこのブログが生まれてちょうど、2年半。

みなさまがご訪問くださったからこそ続けてこられました。
大変感謝しております。

引っ越し先はこちらです。

新しい家の名前は、「どんぐりのくびかざり」です。

これまでと同じように、日々のさまざまなことを思いのままに書いていこうと思っておりますので、よろしければまた、新居にも遊びにきてくださいね。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月13日 (水)

強風にも春の香り

今日はひどい強風だった。

帰り道、歩きづらさを感じるほどの強風にうんうん言いながら対抗していたら、おなじみのあの花の香りが勢いよく鼻のなかに入ってきた。

沈丁花。

数日前から香っている大好きな香り。

いつもなら春の空気にまじってふわりと香るものだけど、今日は勢いよく来ましたね。それでも、この花の香りはいつでもやさしい気持ちにさせてくれる。

こんな日でもちゃんと、香っていてくれるのだな。

あれもこれもやりたいことだらけで、いま、整理をしています。

うまく整理できたら、一気に走り出す予定。

運動音痴の私は特に短距離走が苦手で、学校の陸上大会でも必ず長距離を選んでいたわけだけど、今回は少し、短距離走にも参加するような気持ちで行かなきゃな、とも考えている。

胸がいっぱい、いや体中があふれんばかり、なにものかがうずうずしていて、早く整理して走り出さないと頭のてっぺんか足のつま先から何かが飛び出してきそうだ。

ちょうど、今日の強風みたいなものが体のなかで暴れたい放題しているけれど、沈丁花の香りみたいにやさしくあたたかいものでも満たされている。しばらく、そんな日々です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2013年3月 3日 (日)

見驚

昨日、梅を見に公園に行ってきました。

世田谷区の「羽根木公園」。「せたがや梅まつり」が開催されていたこともあって、たくさんの人でにぎわっていました。

その名も「梅ヶ丘」という駅で友人と待ち合わせ。

駅で手に入れた「梅まつり 梅見マップ」を手に、公園へ向かいます。

「梅見マップ」には、園内で見ることのできる18種類の梅が写真付きで紹介されていました。

「八重寒紅」、「緋の司」、「真鶴」、「実の月影」、「思いのまま」、「花香実(はなかみ)」・・・などなど。その名前にもう、うっとりしてしまいます。梅たちに会えるのが楽しみ!

Ume
かわいらしいうすピンク。むしゃむしゃと、うれしそうに咲いています。

Umeaka
紅千鳥。

Umesora_2
見上げた空は、こんなふう!

広い空に、のびのびと絵を描いているかのような枝の伸びっぷり。

こんなに自由気ままに大きく伸びる梅の木を見たのは初めてのような気がします。

そしてそして・・・

「梅見マップ」でその名前を見たときから、これだけは絶対に見逃せないと思っていたのがこちらの梅。

Umehitotu
「見驚(けんきょう)」

「見驚」だなんて、一体どんな姿をしているのかしらとドキドキしていたのよ!

ユニークな名前だなぁ。この子に名前をつけたのは、どんな人なんだろう。

地面の色と重なってしまい梅の輪郭と色がぼやけてしまいましたが、ぽんっ!と弾けるように咲いていたひとつの花が素敵でした。

出店や歌と踊りのステージなど、商店街や地域の方々が祭りを盛り上げていらっしゃいました。熱いお茶を配ってくださるなど、あたたかいおもてなしもありました。

少し風が冷たかったけれど日射しはぽかぽか。

いい休日になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2013年2月 | トップページ