姉の手作りお菓子

2013年1月13日 (日)

ビジョンボードを作ろう

きのう話題にした野菜の甘いスープ。

Goma
わたしの姉、作です。

基本のスープに、豆乳とみそを加えたとのこと。

右側にあるのが、これも姉手作りの黒ごまマフィン(おや?右側が少しだけ欠けているような・・・ひとくち、かじった?)

いつか、「体にやさしいシフォンケーキと焼き菓子のお店」を出すことを目標にしている私の姉。

いまは、シフォンケーキ以外の焼き菓子(クッキー、スコーン、マフィンなど)の開発にせっせと取り組んでいるようです。

Photo
年末年始、私が実家にいるときに焼いてくれたクッキー。
チョコクッキーに見えるけど、そうではなくて健康食品のキャロブ(マメ科の植物)を使用したクッキーです。栗の抜型を持っていないために、ハート型で抜いたあと自分で形を整えたのだそう。白い部分は、けしの実です。

Photo_2
白クッキー。年始バージョン(?)

これはねー、何でなのか忘れちゃったけど、すごーくサクサクなのだ!
甘いものがそれほど得意でない父が、どんどん食べていましたよ。

とにかく、あっという間に作ってしまう姉の仕事ぶりにはいつも、驚かされます。

実家に帰ったら、部屋の壁に、こんなものを発見!

Photo_3
「ビジョンボード」

「作りたいお菓子」コーナーと、

Photo_20
「目標達成」コーナーと、

Photo_19
「行きたいところ やりたい事」コーナー。

その下には、本を読んで自分の心に響いた言葉をメモしたものなのでしょう、付箋がいくつか貼ってありました。

思いついたらすぐに付箋に書いて貼り、達成したらはがす。

これ、いいじゃん!!

年末年始の帰省中、私も「医薬翻訳者になるためのビジョンボード」を作ろうと決め、都会にまた戻ってきたのでした。姉と一緒に、がんばろう。

よーし、あした、作ろう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年9月21日 (金)

イナゴマメクッキーと酒粕スティック

姉から手作りの焼き菓子が届きました。

Rabbit

写りがあまりよくないのだけど・・・

茶色のうさぎさんたち、チョコレート味かと思って食べてみたら、ちょっと違う感じでした。チョコレートのような香りも少しするけれど、いかにもチョコ! って感じではなく落ち着いていてやさしい味がする(うまく表現できない・・・)。口の中に、最後に甘~い香りが残るような深い味わい。何だろう?

それは、私の知らないものでした。

イナゴマメパウダー(キャロブパウダー)というものを使用したとのことでした。
カルシウムや鉄分、食物繊維を豊富に含む健康食品で、ココアの代用品として用いられているらしい。イナゴマメの名の由来は、そのまんま。さやの形がイナゴのようだからだそうです。

下の長い棒は、酒粕スティック 塩味。

塩がよくきいていて、ビールやワインやカクテル(つまりお酒)のおつまみにぴったりな気がする。これ、食べるとお酒がほしくなるなぁ。薄くてサクサクで食べやすいクラッカーです。(あの、本当はもうすこし長~いのだけど、岐阜から東京まで来るまでにちょっと折れてしまったみたい)。

ところで、うさぎどしの姉はうさぎが大好きだ。幼いころはうさぎのぬいぐるみを片時も離さなかったとのこと。ぼろぼろで真っ黒に汚れても離さず、母が困っていたらしい。

このクッキーうさぎちゃんのお顔は、姉の手書き。洗練された美しいクッキーではないけれど、愛嬌あるよなぁ。私向けに、かわいくかいてくれたのね~♪

ほのかなイナゴマメの香りがする、体にも心にも、やさしくてあたたかみのあるクッキーでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年6月15日 (金)

赤くてまあるい・・・

千果ちゃん。ほら、日に日に・・・

Tomato1
6月13日(水)

Tomato2
6月14日(木)

Tomato3_3
6月15日(金)

ね、ね! うれしい~!

うちの子、もうかわいくてかわいくて・・・。

なんちって、会う人会う人に千果ちゃん自慢をしてしまうわたし。

○●○●○●○

同じく、赤くてまあるい・・・

Photo_2
赤くてまあるいのがたっぷり入ったタルト。

その正体は・・・・・・??

そう! まさに千果ちゃんなので~す!

・・・っちゅうのは冗談で(あ、でも、甘いプチトマトなら、案外いけるかも!)。

赤くてまあるいのは、ダークチェリーcherry

いつか、シフォンケーキと焼き菓子の店をひらくことが夢である私の姉がつくったものです。

姉と私とは離れて暮らしているため、写真だけってのが残念。食べた~い!

チェリーって、なんだかわくわくします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年5月 9日 (水)

茶封筒から出てきたものは

遠く離れたところに住む姉から届いた茶封筒。

開けてみると・・・、

Photo
おや。使い捨てコンタクトレンズの贈り物??

たしかにわたしは、使い捨てコンタクト使ってるけど・・・、

いや、何か様子が違うなぁ。

ごそごそ・・・

っと・・・?

Photo_2
うわっ!

これはなんと!

これまで見たことのないような巨大なコンタクトレンズ(←そんなわけないっしょ)。

何かの物体がラップにきっちりとくるまれている。
まるでそこが正しい住処みたいに、箱にぴったりおさまっていた
コンタクトレンズのふりをしていたその正体とは、

なんとまあ!

おやまあ!

Photo_3
どんぐり! どんぐり! どんぐり!

どんぐりクッキーだったのでした!

  ~~どんぐりのわたし、仲間に出会って大興奮(笑)~~

なんてかわいい。食べるのがもったいないなぁ。

(と思いつつ、やっぱり食べちゃうのだ。共食いだけど、やっぱり食べちゃうのだ)

さくさくしてて、でもどっしりしてて、1枚でけっこう食べごたえがある。
素朴でやさしい、この味いいなぁ、好きだなぁ。
最後に何かがふわりと香る、これ、何だろ。

もしかしてどんぐりの香り~?(でもいまはどんぐりの旬じゃないっか)

姉に聞いてみました。

このクッキーには、黒糖、ラム酒、アーモンドプードル(アーモンドの粉末)が入っているのだそう。そうか、いろんなものが仲良くなってこんな素敵な味になったのね。

姉の手から生まれたどんぐりちゃんに、まさかこんなかたちで会えるなんて!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年3月31日 (土)

きなこ黒ゴマビスケット

きなこ黒ゴマビスケット。

Photo_2
いつの日か、シフォンケーキと焼き菓子の店をひらきたいと考えている私の姉が作ったものです。

このあいだまで、ほろほろクッキーの研究をしていたのだけど。今度はビスケットだ☆

最近は、体にやさしいものを食べたい、つくりたいと考えているらしい。

このビスケットは、バターをつかっていないのだそう。だから、生地の扱いがむずかしく型抜きができなかったんだって。でも、大ざっぱに切って思うままにブツブツと穴をあけたような感じが素朴でかわいい。

姉とは遠く離れているから、いつも写真でしか味わえないのがとても残念~。

「味はおいしくできたけど、サクサク感を出すにはまだまだ何回も作らないかん」みたいです。きなこ×黒ゴマ×サクサクだったら、私は毎日食べたくなっちゃうだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月 9日 (金)

月と雪玉

きょうは会社でちょっと失敗をしてしまい、けっこうな具合に落ち込んでしまった。

ズドーンズドーン、モヤモヤモヤモヤ・・・と。

でも、切り替えよう。

落ち込んで下を向いているとますますイヤな気持ちになってくる。マイナスがさらにマイナスを生み出すばかり。自らの心を苦しめるばかり。そんなことをしているのはもったいない。

ようし、と心を奮い立たせる。

きょうの失敗でわかった自分のマイナスを、プラスの力に変えてみせようじゃないか。

思い切り顔を上げたら見えたものとは、夜空に浮かぶまあるい月。白く、見事に輝いていた。(明日も晴れるといいですね!)

そんな月にそっくりの、白くまあるいものと言えば。

雪玉!

きょうは各地で初雪が降ったのでね。

・・・なーんて、いえいえ本物の雪玉じゃなく、

Snow
スノーボールクッキー。 
いつかシフォンケーキと焼き菓子の店を出すことを夢見ている姉の、手作りお菓子です。

通常は粉砂糖をまぶすところを、きび砂糖をまぶしたのだそう(理由をきくの忘れた)。きび砂糖といっても白く見えます。粉砂糖じゃない分表面がすこし粗いから、粉雪じゃなくてちょっと粗い雪だね。

食べていないけれど、想像では、口の中でほろほろっとくずれて甘さが広がるクッキーのはず。見た目も味もやさしいクッキー。

***

ということで、上を見上げ、月に向かって笑いかけてみたり(はたから見るとあやしい)、姉のやさしいクッキーを見ていたりしていたら、心のギスギスもまあるくやさしくそして私は元気になったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月 6日 (日)

バナナケーキ開発計画

「バナナケーキを焼いたよ(10月下旬、どんぐり姉より)」

Photo
くるみ入り。バナナとくるみは相性バツグン! だそうだ。

味は、私は食べていないからわからないのだけど、ふわふわしっとり、おいしそう♪

でもどうやら、おいしいはおいしいのだけど、バナナの味が、弱かったみたい。

そこで、

「また、バナナケーキを焼いたよ(11月初旬、どんぐり姉より)」

Banana

見た目にはわからないけれど、バナナは前回の約1.5倍だそうだ。

今回はスクエア型で作ったけれど、よくあるパウンドケーキ型とどちらがいいか、考えているみたい。

何度も何度も作ってみて、どんどんおいしくなるといいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月 6日 (木)

ブルーベリーヨーグルトマフィン

いつも、通勤時に電車に乗っている片道1時間近くの時間と、会社の休み時間のうち約20分くらいを、勉強の時間に使うようにしている。

きょうは、そんなすきま時間をうまく使うことができず・・・。あしたは頑張ろう。

++

10月6日(木) 学習時間  2時間40分

TOEIC新公式問題集 vol.4 リスニング  80分
TOEIC対策本                  60分
CNN Student News              20分

++

姉の手作りお菓子、きのうにつづいてもうひとつ。

Maffin2

Maffin1
ブルーベリーヨーグルトマフィン。

夏のあいだにつくったもの(3カ月くらいまえに送ってくれた写真なのです)。さわやかなヨーグルト味、夏にいいかもなぁ。と言っても、食べていないのです。どんな味がするんだろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月 5日 (水)

ミルクティーシフォン

いまも、冷たい雨が降っています。寒い・・・!

寒い日には、あったかいミルクティーなんていいなぁ。

ミルクティー・・・

Photo
ミルクティーシフォン!   

ひさしぶりに、姉の手作りお菓子シリーズです。

どんぐりの姉の夢は、いつかシフォンケーキのお店を出すことです。

いまは遠く離れているので食べられないのが残念だけど、写真からいい香りがただよってくるみたい♪

++

10月5日(水) 学習時間   3時間10分

TOEIC新公式問題集 vol.4  リスニング  100分
                 リーディング  30分
TOEIC対策本                  20分
医薬翻訳本講座 10月課題         20分
CNN Student News              20分

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月 5日 (火)

ドーナツブームに揺れ動く気持ち

わたしの姉の夢は、いつか、シフォンケーキを主役としたカフェを開くこと。

そんな姉とわたしとの最近のやりとり(メール)。

++

<姉>    最近、ドーナツ屋さんがブームらしいな。本で見たんだ。
         私もドーナツ屋をやればよかった。ドーナツ研究しとくべきだったかな。

<わたし> うむ。ブームね、確かにね。焼きドーナツやらなまドーナツやら。
       行列も見かけるね。

<姉>      コーヒー&ドーナツの店。ドーナツは食事にもなるしなぁ。方向性を間違えたな。

<わたし> ドーナツやりたいならいまからやればいい。

<姉>      コーヒー&ドーナツはみんな好きだろ。あの形も平和な感じだ。
          今から研究しても遅いしどうしようかな。シフォンカフェ危機だ。

<わたし>  新しい考えが出てきたらいつでも変更したらいい。

<姉>       シフォンを15年研究してるからな。見捨てるのもおしいな。
          何がやりたいのかわからんくなった。今度はピーチシフォン作る予定なんだが。

<わたし> 作ってていちばん自分が楽しいものと思えるものにしたらどうだ。
             じゃないとつづかんだろ。

<姉>      自信があるのはシフォンだ。
         誰にも負けたくないと思って開発するからな。

<わたし> おお、じゃあそれで行こう。まちがいない。

++

焼きドーナツや生ドーナツ、召し上がったことはありますか。私は食べたことがないのですが、どんな食感でどんな味がするものなのでしょう。私はブームに乗り遅れてしまう人で(もったいない・・・)、ずっと前からとても話題になっているドーナツ店などにもいまだに行ったことがないのですが(ああ、でも大好物の大福なんかだったら飛びつくかも!)・・・。
春に上野駅構内の工事が終わって新しいお店がたくさん登場したなかにも、ドーナツ屋さんがあります。毎日、行列しています。やっぱりみんな、ドーナツが好きなのですね。

ドーナツって、見ているだけでなんだかウキウキしてきますしね! 楽しいよね、かわいいよね!

と、ドーナツの話はいくらでもふくらみそうなのですが・・・ちょっとストップして。

今回のお菓子づくりの話に限らず、ときどき姉から、「やっぱりこうすればよかった」などというややネガティブなメールが送られてきます。少しやりとりをすればおさまるのですが。

ドーナツブームを目の当たりにして揺れ動いた心も、どうやら落ち着いた様子。たぶんもともと、「シフォンケーキをやりたい」という強い気持ちが心のなかにあるから、いろいろ揺れ動くけど最後にはそこに帰りたくなるのかもしれない。
ちゃんと継続して研究していたということや、誰にも負けたくないという気持ちがあったということが意外で、私はちょっと驚かされたのでした。うん、シフォンでもなんでも、やりたいことが実現できるように全力で応援するよ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧