たべもの

2013年1月12日 (土)

マクロビおにぎりカフェ

年末年始の寄生虫、ではなくて規制中、でもなくて(くどい!今度こそ)、帰省中。

姉がカフェに連れて行ってくれました。

おにぎりがおいしいカフェです。私の大好きなおにぎりー!!

Photo
雑穀米入りおにぎり。どちらも、うめぼしが入っていました。

これがほんとうに、ものすごくおいしいのです!
小ぶりに見えるけれど厚みがあるので2個食べたらじゅうぶん、おなかいっぱい。
にぎりたてでまだあたたかく、やわらかくて(でも決してくずれない)、にぎった人の気持ちが伝わってくるようでした(ほんとうに!)。心と体のすみずみまで元気なれるおにぎりです。

お隣にあるのは素朴でやさしい味のするたまごポテトサラダとお漬物。

Photo_2
えらべる飲み物。
私は、「肩こりでつらいあなたに」というハーブティー(だってそのとき肩こりでほんとうにつらかったから)。
老廃物を出し血行をよくする効果があるそうです。
ジュニパーベリー、ローズマリー、ローマンカモミール、タイム が入っています。

さわやかで飲みやすく、体も心もほかほかになりました。

Photo_4
こちらは、姉の「スパイスティー」。
カルダモン、グローブ、シナモン、ジンジャー が入っています。

店内では自然食品も販売されていました。「心と体にやさしいお店」なのです。

姉は少し前から、体にやさしい食事について考えるようになり、そのような食事やお菓子づくりを実践しているようです。毎月、マクロビオティックの料理教室に通っているとのこと。

それがとても楽しいらしく、聞けば話が止まらなくなります。

ひとつ、おすすめを教えてくれました。

それは、野菜の甘いスープ。

お鍋に、7センチ角に切った玉ねぎ、キャベツ、かぼちゃ、にんじんをこの順に重ねて入れて行き、塩をふり水を入れて30分くらい煮るだけ(そのあと、豆乳を入れてもいいらしい)。
野菜の順番にも、ちゃんと意味があるんだって。

さっそく作ってみた!

Photo_5
ほんとう、野菜の甘みがぎゅーっとつまっているよ。やさしいやさしいお味。

姉は、これを休日につくり、毎日のお弁当にもっていくのだそうです。

これを飲み始めてからなんと、甘いお菓子をほとんど食べなくなったとか。チョコも市販のお菓子も、食べたいと思わなくなったんだって! すごいぞ、マクロビスープ。

もちろん、具を一緒に食べてもいい。

Photo_6
家にツナ缶と、開封してなかなか使わなかったマカロニがあったからスープパスタ風にしてみました。

でもね、姉にこれを報告したら、

「ツナは動物だから、これはマクロビじゃないねぇ(でもおいしそう)。ゆるマクロビだ」

と言われちゃいました。そうか、まったく考えていなかったよ!

体と心にしみわたった年末のおにぎりの味・・・忘れられないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年10月 1日 (月)

はやくたべてみて。

Tabetemite
はやくたべてみて。

Mieru_2
アーモンドがたっぷり。キャラメルみたいな味と歯ざわりです。

Mieruura_2
裏側、見せちゃいます!

どっしりとしてさくさくのクッキーのようなタルトの土台のような・・・。

この穴はなんのためにあいているのー??

*  *  *

『ベルグの4月』というお店の、「ミエル」という焼き菓子でした。
職場の人に、いただきました。

「はやくたべてみて。」が、とにかくかわいくて!

私は逆に、かわいくてもったいなくてなかなか食べられず、机のうえに置いてずっと眺めていたのでした。さらに、結局・・・家につれて帰ってきたのでした。

となりの席の仕事仲間は、見た瞬間に食べていましたが・・・!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年7月 8日 (日)

赤いお料理

7月7日、きのうは七夕の日。

残念ながらざあざあ降りの雨で、織姫さんと彦星さんの姿を見ることはできなかったけど、きっとお二人さまは素敵な時間を過ごしたんだろうなぁ、と思います。

1年に1回だものねぇ。
現実的に考えると、ほんとうにつらいよなぁ。
ようやく会えたと思ったら、次に会えるまでまた364日、過ごさなくちゃいけない。

でも、それだからこそ、頑張れるのかも。
どんなに遠くにいても、会えない時間がどれだけ長くなろうとも、信じていられれば平気なのだな、きっと。
会えるまでの一日一日、相手も頑張っているんだと思って、頑張れるのだろうな。

☆★☆

けさはまだ、雨がすこ~しパラついていたけど、昼前には止み、じめじめもなくいい天気になりました。

梅雨明けにはまだ少し時間がかかりそうですが、まもなく夏です!

夏になると、なぜだかカレーが食べたくなる!

先日、使いきれなかった鶏手羽元を冷凍しておいたので、それを利用して、

Photo
手羽元カレーを作りました。

鶏手羽元、みじん切りの玉ねぎとにんにく、トマト缶、鷹の爪、カレー粉、ナツメグ、ヨーグルト、バター、塩 でできています。

ルウではなく、カレー粉でカレーを作るのは、わくわくします。
いろいろなスパイスをミックスして作ればもっと楽しいのだと思うけれど。

半日くらいヨーグルトにつけこんでおいた手羽元を、ヨーグルトごと鍋に入れ、ほかの具材やスパイスと一緒にじっくりじっくり煮込んだら、お肉はやわらかく、味もまろやかに仕上がりました。

十六穀米のごはんも、カレーによく合いました。
(通信販売で十六穀米お得パック、みたいなものを購入したら、半端ではない量が次々と送られてきて消化しきれず困り果てている友人からいただいた。わたしも当分の間は、十六穀ごはん。好きなのでうれしい!)

夏のあいだに、いろんなカレーに挑戦してみよう~!

*

もうひとつ、赤いお料理。

Photo_2
余ったトマト缶で、シンプルに、さっぱりトマトソースパスタ。

赤いお料理、なんだか元気がでます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年7月 1日 (日)

とろとろたまねぎ

友人から、たまねぎをふたつ、いただいた。

ひとつは、いつものたまねぎ。
もうひとつは、赤いたまねぎ。

どちらも、とっても大きくて立派です。
まずは、いつものほうから。

Photo
写真じゃ、大きさわからないですね・・・。私のにぎりこぶし、ふたつぶんくらいあります。

Photo_2
鶏手羽元とたまねぎのじっくり煮込み。

たまねぎが、うっとりしちゃうくらいとろとろになって、甘くてとてもおいしかったです。もともとのたまねぎの質がよかったからなおさらです。鶏手羽元との相性も抜群でした(もちろん、私が考えたわけじゃなく、本のレシピを見て作ったのですが)。骨付き肉で元気倍増~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年6月26日 (火)

週のはじまりのお弁当

ミニトマトの千果ちゃんを収穫することができたので、また、お弁当箱のなかに入れて会社につれていきました♪

Photo
豚肉の巻き巻き弁当。

えのきと小ねぎを豚肉で巻き巻きして焼き、酒、みりん、しょうゆで味付けをしました。
あとは、かぼちゃと、千果ちゃん。それから、まったく見えないけど、底とすきまを、キャベツのおかか和えが埋めてくれています。

えのきの豚肉巻き、昔、うちの母がよく作ってくれた記憶があります。料理をあまり好んではしたがらない母だけど、なぜかこの料理はよく作っていました。中身はいつも、決まってえのきオンリーだったのですがね。えのきが大好きだったのか、一番巻きやすいからなのか、中身はいつも変わらず、えのきだけ、だけでした。

今回は、小ねぎを一緒に巻いてみました。えのきと小ねぎの歯ごたえが楽しかったです。

日曜日の夜に準備しておけるので、月曜のお弁当だけは、ほかの平日よりもちょっとだけ手間をかけられる(・・・なんて、手間といってもほ~んのほんの少しだけですがね)。
面倒がらずに、豚肉を巻き終えたあとに小麦粉をまぶして焼いたら、お肉もふんわり仕上がり、たれもよくからんでおいしくできました。

ほんの少しのことで、料理はおいしくなるのだな。
おいしく作りたいっていう気持ちや愛情が、料理をおいしくするのだな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年5月20日 (日)

パセリとひなぎく

最近のベランダ。

Paseri
イタリアンパセリの勢いが止まらない。

見ると、あちこちにつぼみもついている。
イタリアンパセリは花を咲かせると葉が固くなってしまうそうなので、つぼみであるいまのうちに摘み取っておいた。咲かせて種をとるのもいいけれど、もう少し、葉っぱを楽しんでみたい。

「・・・だからさぁ、こんなに葉を増やして頑張ってんだから、じゃんじゃん食べてよ!」

そんなパセリくんの声が聞こえてきたので、今日は思いきり収穫。

Photo
パセリメイン(一応ね、)の料理ってことで、ペペロンチーノ春キャベツ入り。

携帯カメラでは捉えきれなかったみたいだけど、みじん切りパセリくんが入っています。たっぷりのつもりだったけど、もっともっとたっぷりでもよかったなぁ。

Hinagiku2
今日のひなぎく。

ぽこぽこぽこぽこ、次々に仲間を増やしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年5月 6日 (日)

春をあじわう グリーンピースとあさり

さやのなかに仲良くならんでいたおまめさんたちをとりだし・・・

Photo

Photo_2
グリーンピースごはんを炊きました。

Photo_3
でもこの子たちはいつも、いつまでもさやのなかなのですよ~。
仲良しこよしでとっても楽しそう♪

お気に入りのおまめの箸置きです。

(箸置きとしてではなく、ほとんど飾りものになってるのですがね。玄関に飾ってあるので、毎日この子たちに「いってきます」を言って会社に行きます・・・アハハ。でもちゃんと、この子たちはいつもこうやって、にこにこの顔でわたしを送り出してくれるのです)

Photo_4
もうひとつ、春なのであさりのみそ汁。小学生くらいのころは苦手だったけれど、いまは好きだなぁ。

あさりの砂出しをしていると、水の中でぶしゅーぷくぷく~カタッ・・・なんて音が聞こえてくる。それがなんだかうれしくって。当たり前だけど、うわ、こいつ生きてる! って思う。
家のなかにほかに生き物がいないので(ときどき現れるクモやその他虫類、草花をのぞく)、こうやって生きている存在を感じられるのがとてもうれしく思えるのだな、きっとね。

なんて、あさりに愛を示しながらも、結局は容赦なく食べちゃうんですがね。

春なので、って言ったけど、初夏っていうべきかな。

大好きなハナミズキが咲いている季節。緑がきれいな季節。さわやかな風が心地よい季節。楽しみたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年3月17日 (土)

雨の日のにんじんサラダ

朝からざぁざぁ降りの雨。今日は散歩に出る気にならず、家でおとなしくしていることに。

週末はたいてい、食品を使い果たしていることが多い。だから土曜日の今日も、メインになりそうな材料はほとんどなかったのだけど・・・家にあるもので作れるおいしい料理は何かないかなぁ。

・・・あ、思い出した!

Photo
姉に教えてもらっていた、にんじんサラダ。

体の不調にもいいみたいだから作ってみやぁと前々からすすめられていたのだ(やっと作ったよ~!)。

にんじんを千切りにしてツナと和えて、味を調えるだけ。たっぷり作ってタッパーに入れておけば2~3日食べられる。

私は歯ごたえがあるほうが好きなので(プラス、千切りが得意じゃないので)にんじんは太め。にんじん、大好きなのだ~。特に、生がね。年中、冷蔵庫に入っている。ツナと生にんじん、とってもよく合うのね。いくらでも食べられそう。

それから、緑のカケラは、

Photo
うちのベランダにいるイタリアンパセリくん。

1月のはじめ、ビオラのおじさんと一緒にうちのベランダにやって来た。

凍える寒さの1、2月は元気なくひょろひょろの姿でちょっと心配だったのだけど、3月に入り、ぽかぽかの陽射しも浴びるようになったら、途端に新しい葉っぱが次々に出始めたのだ。よかった~!

明日は晴れるといいなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2012年3月 3日 (土)

3.3

ひなまつり。

Hina
うちの玄関でにっこりほほ笑んでいてくれる陶製のひな人形。

Chirashi
ちらし寿司をつくりました。

酢めしに混ぜ込んだ具材はにんじんと干ししいたけ。シンプルです。
飾りつけには、卵、酢れんこん、スナップエンドウと甘酢しょうがを(見たままですね)。こういうの、ケーキをデコレーションしていくみたいで楽しいのだ。

Hamaguri
それから、はまぐりの潮汁。

2枚ペアの貝殻がぴったりと合い、そのもともとの組み合わせ以外の貝殻とはかみ合わないはまぐり。
こんなふうにぴったり、良い縁に恵まれることを願って、ひな祭りにいただくのですね。
やさしい味がしました。

Choco
ひなまつりだからといただいた小さなプレゼント。
春を思わせる色と模様がかわいらしいです。
3個入り。

3月3日、33歳。
育ててくれた両親に感謝。3年はやく産まれて見守っていてくれた姉に、感謝。
これからもますますすこやかに、成長しつづけます。

++

私の友のお子ちゃまで初節句を迎えたMちゃんの娘Mちゃん、Kちゃんの娘Nちゃん。おめでとうございます。すくすく元気いっぱいにご成長されますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年1月15日 (日)

和風ハンバーグいろいろ

最近の週末クッキング。テーマはハンバーグ。

「肉100%」ではなくて、代わりのものを混ぜ込むタイプのものにチャレンジしてみた。

Photo
まずは、里芋+鶏ひき肉。
ちょっと焦げがきつくなってしまったけれど、
あっさり、さらりと食べやすかった。さすが里芋さん。

Photo_2
次は、れんこん+鶏ひき肉に、あんかけ。
れんこん全量のうち3分の2はすりおろし、残りは粗く砕いて混ぜ込んだ。

すりおろしたれんこんのもちもち食感と砕いたれんこんの歯ごたえがうれしい。
このなかで一番のお気に入りです。

Photo_3
最後は、絹ごし豆腐+ひじき+鶏ひき肉に、あんかけ。

豆腐ハンバーグって、通常は木綿豆腐じゃなかったっけ。
絹ごし豆腐でちゃんとまとまってくれるかしら、と思いつつもレシピ通りに頑張って作ってみたらね、ふわっふわ! に仕上がった。

ひき肉は1人分80グラムくらいなのだけど、絹ごし豆腐でボリュームアップ、おなかいっぱい満足なハンバーグに。ひじきのちょっとした苦みも素敵です。

ところで実は、そもそもは、こんなにもハンバーグを作りたかったわけじゃないんだ。

年末年始、実家に帰ったときに地元の道の駅で買った里芋(おでんに入れた)がとてもとてもおいしくて。すっかり里芋ファンになった私が、こちらに戻ってからも里芋を買っては食べていたところ、あるとき「里芋のもちもちハンバーグ」なんておいしそうなレシピを見つけ、作ってみたってわけです。そうして、和風ハンバーグをいろいろ試してみたくなったのでした。

今度は洋風いろいろにもチャレンジしてみよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|